それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌のおにいさんDVDーBOXが届きました!
久しぶりのケンタ君!
マモル君もうららお姉さんもマカロンちゃんSも王子も矢野家の皆様も、
あ~~、とっても久しぶり!

とりあえず特典映像だけみたんですが、それだけでも結構な量がありました。
すごかったのがみなうた大事典の映像版。ナレーションとか遊びがモリモリ入っていて、メチャメチャ面白かったです。

クランクアップの映像はやっぱりなんだか泣けてきちゃいます。
スタッフさんにもキャストの方々にもとっても愛されて育てられた作品だったんだなぁっていうのがもの凄く伝わってきて。
私にとってもこのドラマはとても大切です。
一歩の踏み出し方を、底抜けに明るく、どこまでも前向きに、教えてくれた。
とっても大好きなドラマです。

記者会見での大野くんの気の抜け具合とか、どんぐりvsどじょうとか、いろいろツボはあるんですが、眠さにもう勝てそうにないので、とりあえず今日はこのあたりで……(-.-)zzZ
スポンサーサイト
とにかく、見た直後の気持ちをブワァッと。
また、改めて書くかもしれませんが、とにかく今は、勢いに任せて。


もう、みんながハッピーで良かったんです!!
前半は、「みなうた、こんな形で終わっちゃうの?そんなの絶対イヤだよー!」って思ってたんです。
そしたらやってくれました、ケンタ君!とびっきりの打ち上げ花火を上げてくれました!
なんか、「曇りのち、快晴」っていう歌も、今までのすべてのエピソードも、全部全部、ひとつにつながっていった感じがしました。
笑顔で終わって本当に良かった。

うぜーし、たりーし、やってらんねー、って言ってたケンタ君が
本当にちょっとずつちょっとずつ変わっていって、
ほんとう~に少~しずつ成長していって、
最後の最後で、とうとう「一歩踏み出せた」。
だから、「景色も変わ」った。「想像の今へ」変わっていった。
そこにあるメッセージはどんな人のところにも届くはずで。
だって誰だってポイントは違えど、今を変える、一歩踏み出す、っていうのは難しいから。
「歌のおにいさん」はそんな、答えなんてないんじゃないかって思ってしまいそうな悩ましさに、とにかく明るく、とにかく前向きに、とにかく笑顔で、ドカーンと「一歩」の踏み出し方を見せてくれた、そんなドラマだったんじゃないかなぁ。

すべてはケンタ君が歌ってる。
「踏みならせ!」「手をたたけ!」「幸せはきっと僕の手の中に」!
そうだよね、全部自分の中にある。
他人や社会のせいにしたがるけど、全部自分の中にある。
だからこのドラマを見ていると、「曇りのち、快晴」を聴いていると、涙が出る。
「後悔だらけの日々」も、乗り越えていく明るさと前向きさが純粋で涙が出る。
明日はきっと、今日とは違った明日がくるって思える。

明日の天気は「曇りのち、快晴」!
「幸せはきっと僕の手の中に」!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

今週、終わってしまいますね。
全9話だと思ってたら全8話だと知ってもの凄く悲しかったです。

公式サイトの「APのおにいさん&おねえさん日記」にプロデューサーの川西さんの記事がありました。出勤中の電車の中でこれを読んだのですが本気で涙目になってヤバかったです。大野くんの才能をもの凄く評価して下さっていることがとてもとても嬉しかったからっていうのもあるんですが、私、このドラマがとってもとっても大好きになっていたようです。川西プロデューサーの記事からはスタッフにもキャストにも愛されている作品だって事が伝わってきます。だからこそ、終わってしまうのが寂しくて仕方ないです。
みなうたはどうなっちゃうんだろう、ケンタ君は、守君は、真鍋さんは、みんなはどうなるんだろう、そんなことを考えると、もう、どきどき、ソワソワしてしまいます。みんながハッピーになれますように。笑顔で終われますように。
もう金曜日になっちゃった!
でも書かずにはいられないのです!
だって、第5話は今まで一番良かったと思うのです!!

マカロンキッズのケンタ君とか、ますますかっこいい真鍋さんとか、嫉妬(??)で音はずしちゃう守君とか、うららさんとかかっちゃんとかお姉ちゃんとか、なんかもう、いろいろ、いろいろ、今回はとっても良かったんです。

でもでも、なかでも一番良かったのはお父さんとケンタ君の言い争うシーン。
これ、3回見て3回泣きました。
「歌のおにいさん」の自分を認めることが出来てきたケンタ君。
でも工場の借金のことを知って、それを知らなかった事にショックを受けて、でもそれ以上に知らされなかった事がショックだったんでしょうね。お姉ちゃんがお見合いしたのは工場のためって気持ちが少なからずあったはずだし、じゃあ自分は工場の事なんか知らずに、好きなことをしてていいのかって思ったんじゃないかなぁ。歌のおにいさんが好きになってきたからこそ、自分を犠牲にしようとしているおねえちゃんに申し訳ない気持ちになっちゃったんじゃないかと思います。工場のことを「あんたには関係ない」って言われるのはケンタ君としては一番切ないことだったんでしょうね。「俺だってこの家の役に立てるよ」って、そんな気持ちだったんじゃないかな。それって大きな愛ですよね。
だからもう、そのあとのお父さんとのやりとりが切なくて。
お父さんとしては子どもには自分の人生を生きていってほしいって気持ちが強いんでしょうね。だからケンタ君の「べつに俺だけが歌のおにいさんって訳じゃないし」って言葉にすごく反応してしまって。でもケンタ君だって、お父さんやお姉ちゃんが好きだからこそ、そんなセリフが出てしまうわけで。
もうこのときのケンタ君の表情がすごくすごく切ないんです。
「お前の仕事はその程度か」って言われても、そうじゃないって思っているし、「好きでやってる」って言葉は嘘じゃないけど、ただお父さんやお姉ちゃんの力になりたいって思ってるだけなのに、本当は頼ってほしいのに、頼られない自分への悔しさとか、そういうの全部うまく言えなくて、お父さんの言葉が切なくて、自分自身に悔しくて、そういうのがにじみ出たなんともいえない表情でした。
もう、この表情を見てるだけで泣いてしまいます。
悔しくて切なくて泣いてしまいます。
そのあとのセリフは一つ一つがなんだか重くて、うまく向き合えなかった親子が、取っ組み合いをしながらだけど、真っ直ぐ向き合って本音を言い合えた大事な時間だったんでしょうね。
お姉ちゃんは、ケンタ君とお父さん、お互いがお互いを思っていること、ちゃんとわかってて、だから一人残って片づけしているとき、ちょっと晴れ晴れとした笑顔だったのかなぁって思います。
男の子とお父さんってこんな感じなのかなぁ。

「幸せってなんですか」と、きかれたケンタ君。
「子どもが元気で好きにやってたら、親は幸せ」なんだと言ってたお父さんの前で、「元気でいることかな。こうしてみんなと好きに楽しく歌うことかな」と答えたケンタ君。
面と向かっては素直になれないケンタ君の、お父さんへ向けた精一杯の「ありがとう」なんじゃないかなって思いました。


そういえば、全9話なんですね。
あと4回しかないんですか!!
うわー!あっという間じゃないですか!!
1話1話大事に見よう!!
今日は守君が大変なことになっちゃうみたいですね。
頑張れ守君!!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

歌のおにいさん、第4話。
見てない方はスルーしてください。

なんだかどんどんキャラが濃くなっていますね。
真鍋さんは、王子なき今、しっかり「みなうた」のボスになってて、ものすごい安心感。頼れるプロデューサーです。
うららさんは、なんかすっごく可愛くて、憎めないんですねぇ。ちっとも若作りじゃないですよ~!かわいいです!
守君は元気いっぱいだし笑顔はステキだし、歌も上手いんですね!でも大事なところではメチャメチャヘタレで「矢野く~ん、なんとかして~」って、守君も頑張れよーって思っちゃいました。それにしてもおまんじゅう食べる顔が本当に幸せそうで、ジャニーズwebの日記に出てくるご飯もこんなに幸せそうな顔で食べてるのかなぁ。これはご飯を作ってる人を幸せにする笑顔ですね
あと、今週一番キャーってなったのは、黒ヤギさんの美脚!!なんって、キレイなライン!!ヤギなのに!キレイな太もも!!キャー!!ってなりましたよ!!反則!反則ですよ!!!!

さてさて、「優しい」っていう字は「人を憂う」とかくということで。
前回までなんだか謎のキャラクターだったみちるちゃんが今回は中心のお話でした。
小学校6年生・・・でしたっけ?そりゃぁ、色々考えちゃう歳ですよね。芸歴が長くったって、プロだって言われたって、女の子ですもんね。恋する女子ですもんね。真鍋さんにたしなめられたときも、みちるちゃんの心の中では葛藤が嵐のように吹き荒れていたのかもしれません。普通の小学生ではないことは、どうしたって少なからずストレスだと思うので。
さやかさんが言うように、色々我慢することを覚えてしまって、一度は好きな男の子に告白することよりも仕事を選ぼうとするんですが、ケンタ君に背中を押されて、というか、なかば強引に連れ出されて、最後には自分の気持ちに正直になるわけです。告白のシーンのみちるちゃんは本当に可愛くて、その気持ちが純粋で、ちょっと感動してしまいました。そりゃ、仕事を投げ出してしまったことはいけない事だけど、まだ小学生のみちるちゃんの人生においては、ここで大好きな男の子に「好き」って言うことのほうがとっても大事なんだろうなぁって思うんです。だって、そのときを逃したらきっとみちるちゃんは一生後悔してしまうだろうから。ケンタ君グッジョブ!!

ケンタ君は「優」という字がちっとも似合わないとお姉さんに笑われていましたが、そんなこたぁないですよね。確かにそれまでのケンタ君は優柔不断なだけの男の子だったのかもしれないですが、今は1話の頃より芯のある男になってきていると思いますよ!しっかりと自分で歩こうとしていますもん。自分から「歌のお兄さんだよ」って言ってるし!
そして、気になるのは元カノとバンドに対してどういうスタンスでいるのかっていうところ。
未練はあるんでしょうし、まだ好きなんだとは思うんですよねぇ。でもだんだんとケンタ君の中でジゼルに対する気持ちに整理がついてきてるんだろうなぁと感じました。カードには「Congratulations!」、ですもんね。
あのチョコレートで、明音ちゃんへの思いにもひとつの区切りをつけるつもりだったのかな。明音ちゃんもコンサートのチケットを送ることでひとつの区切りをつけるつもりだったのかなぁとは思うんですが、なんともちょっと判断しがたい感じで。未練があるのはむしろ明音ちゃんなんじゃないですかねぇ。できれば、あんなに覚悟を持って別れたわけですし、振り返ることなくそれぞれの道を前に進んでいってほしいなぁと思うんですが、明音ちゃんは振り返ってしまいそうな雰囲気がしております。むむむぅ、どうするのかなぁ。どうするのかなぁぁぁ。

疑問といえば、ジゼルのプロデューサーはえらくケンタ君を気に入ってますね!ケンタ君をどうするつもりなんでしょう!物語の中盤あたりで爆弾投げてきそうですよ!!
あと、ケンタ君のお父さん。お姉ちゃんはなにやら必死に隠してますが。こちらもでっかい爆弾投げてきそうです!

気になるポイントは満載!
来週はうららさんが何やら波乱の予感ですね!
うららさんガンバレ!!
そして、気になる黒柳徹子さん!!
どーなる?!どーなる?!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。