それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐にしやがれ、はじまりやがれ~。
はじまりやがりました。

これで、怒涛の嵐TVジャックはひと段落かしらと、若干ほっとしております。

さてさて、MC術を伝授してもらった嵐さん。
バラエティのMCなんてお手の物じゃないの?なんて思っていたのですが、苦戦していましたねぇ。
アニキ上田さんのMCがそんなふうに組み立てられていたなんて、気づきませんでした。
最後のお手本は、なるほど、この仕事でお金をもらっている人だなぁ、とびっくり。
バラエティって、やっぱり頭をつかわなきゃいけないし、回転も速くなきゃいけないし、言葉もいろいろ持っていなきゃいけないし、難しいものなんですね。

それにしたって、苦戦しすぎの嵐さん。
あらー?なんだか、嵐らしくないなぁ、って思って、なんでだろうなぁ、なんでだろうなぁって、考えていました。
それはおそらく、役割分担のせいなのではないかと。
もともと、嵐の5人には絶妙の役割分担があって、自然とその位置にそれぞれが入って、
その上でお互いの良さを引き出したり、パスを出したり、時に補ったり、支えたりするわけで、
そのバランスがすごく心地良いんだと思うのです。
だから、嵐5人でのトークは安心感があるし、面白い。
じゃあ、そのもともとの役割分担で臨めば、結果は違ったんじゃなかろうか、とも思うのですが、
あぁ、それじゃぁ、この番組のコンセプトとはずれてしまうのかな、とも思ったのです。

「アニキ」から「学ぶ」、というのが、この番組の趣旨。だったはず。
と、いうことは、そうか、そうか、学ぶって事は、まずは受け入れるってことなんだ、と納得。
やる前から、自分のフィルターで判断するんじゃなく、まずは受け入れてやってみる。
「学ぶ」は「真似ぶ」。
まずは真似てやってみなきゃいけないのだなぁ。
だから、きっとアレで正解だったんだろうなぁ。

今回はトークがテーマだったから、支えあって助け合う嵐っていうのが見えにくかったんですが、
次回以降はそういうものがもっともっと見えてくるといいなぁ。
ワイワイ、キャッキャッ、楽しそうな嵐がたくさん観れますように。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。