それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔の作品は知らないので、全くのまっさらな状態で今日の放送を観ました。

アラシックとしては見所満載で、
「いいよ、翔ちゃん!もっとやっちゃって!」
と思わず小踊りしてしまいそうでした。
謎めいた狂気のようなものはクイズショーの時にも垣間見えたけど、MC神山は世間のイメージ通りの「櫻井翔」だったんですよね。
今回みたいに世間のイメージを怒濤の勢いでぶち壊してくれる役には、かなりテンション上がりました。
裸にゲップにビンタに拡声器。
真意が見えない、底が見えない、ぬるりとした気持ち悪さ。
明らかにヤバい人のオーラが垂れ流されている文句なしの不気味さ。
まともじゃない、絶対おかしい、だけど何故か目が離せない不可思議な引力。
今までの翔ちゃんの世間一般のイメージには無いものが次々と画面にあらわれて、
もー、私、かなり楽しみました。
楽しいというと少し違うかしら。
興味深かったという感じが近いかなぁ。

翔ちゃんって、心にマグマを抱えている人だと思うのです。
だから「THE優等生」というイメージで固まってしまうのはとてももったいないと思っていたのです。
このドラマでどこまで世間のイメージを壊していくのか、とっても楽しみなのです!

それにしても、ゲップしたって品の良さは消えないのだから、恐るべし櫻井翔の品格であります。



物語としては、素直に想像すると、
何らかの理由で命を落としてしまった教え子の弔いのために、崩壊している家族を再生させようとする物語、というところなのでしょうか。
吉本先生の奇行も愛ゆえ、ということなのかなぁ?
それとも、そんな想像は斜め上からスパッと斬っちゃうような驚くべき展開が待ってるのかしら!

何はともあれ、楽しみでございます!
スポンサーサイト
あっというまに2話が来てしまいました。
時間がたつのが早いです。
今日からゴールデンウィークの方もいらっしゃるのでしょうか。
私は休みが暦どおりなので、来週の月火がもどかしいです。
とはいえ、休みにすることといえばHDDの整理と雑誌の整理がほとんどなんですが・・・。


さてさてパパドル第2話です。

お話うんぬんをちょっと横に置いておいて。


なに!!なんなの!!あのキュートなお猿さんは!!!!!
刮目ッッ!!
「りょお~~、もぉすぐはじまんでぇ~~」
って文字にしたらこんな感じの喋り方!!!
ギャフン!!ギャフン!!!
反則だわ!!こんなに可愛らしいお猿の着ぐるみ、20代後半でこんなに可愛らしく着こなす安田さんったら、もーーーーーー!!!!
このシーンだけ何度見返したことか!!
そのあと犬とたわむれるお猿安田さん!!
なに?!なんの番組?!どこに行ったら見れますか?!
ミーセーテークーレーーーーーー!!!

はぁ、なんて私得なシーンでしょうか。
ありがとうパパドル。
これだけで2話を十分堪能してしまう勢いです。



とはいえ、お話の方の感想も少しばかり。

思春期の娘さんって、どうしてあんなに言葉が強いんでしょうねぇ。
きっと自分もそうだったんですが。
なんというか、自分が絶対に正しいという思い込みがあるんですよねぇ、あの時期って。
だから、たとえそれが親でも、他の人の言うことがなかなか入ってこない。
感情で来られると、めちゃくちゃな理論で跳ね返して、
理論で来られると、めちゃくちゃな感情で跳ね返してしまう、
今思い返すと、思春期ってそんな時期だったなぁって思います。

メイちゃんをどうにかするのは難しくて、
きっとこれはメイちゃん自信の問題だから、
誰がどうすることもできないんだろうなぁ。

周りの大人ができることといえば、きっとメイちゃんに対して正直になることくらいなんだろうな。
だから、亮ちゃんが「他に何ができんの?」って、
ちょっと子どもが拗ねたみたいに、ちゃんと正直な気持ちを言葉にした時、
あの時やっとメイちゃんのところに言葉が届いたんだろうなぁって思います。

しかしながら大変だなぁ。
思春期のお嬢さんがいるところにやってくる新しいパパって、
きっとみんな大変なんだろうなぁ。


そして、最後の、おばあちゃんが実は病気じゃなかったと分かったシーン。
1人手を重ねることができずに、モジモジしている亮ちゃん。
なんか、その気持ちわかるんですよね。
ちょっと自分と重なるところがあって。

私がこの家にお嫁に来てやっと半年。
最初の頃は居場所がなかなか作れなくて、さみしい気持ちになることが少なからずありました。
亮ちゃんみたいにモジモジしてました。
とくに、連休なんかに義妹さんが帰ってきたりすると、その気持ちってすごく大きくなって。
やっぱり私がいなかった頃の家族の雰囲気になるんですね。
そうなると、どうにも自分が家族というより「お客さん」になってしまっているような感じがしてしまって、
(これもメイちゃんのセリフにありましたね。ちょっとズキッときてしまったなぁ)
逃げ出したいような気持ちになってしまうんですねぇ。
日が浅いんだからしかたのないことなんですけどね。

ただ、家族って、日が経つに連れ、年が経つに連れ、
その形ってだんだん変わっていくものなのかなぁって思います。
人が増えたり、減ったり、変わったり。
だから少しずつ、焦らずに、みんなで変わっていくしかないんだなぁって、
思い直して、私は気持ちを整理しました。

でもその変化が急激にやってくると、しかもそれが思春期の頃だと、
やっぱり受け入れがたいのかなぁ。

家族といえど、ずっと同じではいられないんだってことにメイちゃんが早く気づいて、
自分の家族の変化を受け入れてくれたらなぁ、と思います。


で、来週はいよいよ亮ちゃんのスキャンダルが一家を襲うわけですね。
ためされるのはハルちゃんの気持ち。
きっとそれだけ。
どうなるかなぁ~~。

テーマ:関ジャニ∞ - ジャンル:アイドル・芸能

1話の感想も書かないままに、2話が終わってしまいました。
なかなか筆まめにはなれません。


ピカルにも出てきた密室の模型。
いいですね、たまりませんね。
あぁいう細かいの大好きなんです。
昔シルバニアファミリーとかメチャクチャ好きで、
でも我が家では買ってもらえなかったので、
持っている友達の家によく行って遊んでいたのを思い出します。
ドールハウスとか、家の模型とか、本当に好きで、
アリエッティに出てくるドールハウスにもすごく憧れました。
ピカルで仕掛け人の芸人の方(名前がわからない・・・)が
「全部紙でできているんですよ」っておっしゃっていたのは本当なんでしょうか。
HPとかに書いてあるのかなぁ。
カーテンとかは布でしょうけど、家具とか煉炭とか、あぁいうものは紙なんでしょうか。
すごいですねぇ、たまりませんねぇ、美術さんの技術ってすばらしい。
あの模型だけの展覧会とかあったら迷わず行きます。
あぁ、すてき。ドキワクする。
きっと大野くんもドキワクで見ているんでしょうね。
大野くんも言ってましたけど「ずっと見てられる」んでしょうね。
私も間近でみたいなぁ。


今期のドラマではけっこう謎解きものが多い中で、
鍵のかかった部屋はけっこう正統派な感じがします。
科学的な根拠とか使ってたり、伏線もたくさんはってあったり。
ただ、ミステリーって私、解くのがすごく苦手で全然わからないんですねぇ。
なのでドラマ見ている間は考えるのを放棄してひたすら径くんの美しいお顔を眺めております。

久々の人間役と思ったら、びっくりするくらいのド変人。
まったくの無表情で、セリフには抑揚がなく、まるで機械でできているみたい。
けれど専門用語だらけの長台詞の中に、ちょっとしたたどたどしさを見つけたりなんかすると、
可愛らしさが反動のようにやってきます。
「うふふ」とにやけてしまう私は旦那様には大変奇妙に映ることでしょうか。
でも仕方ないのです。

径くんは、まるでお人形のようにそのお顔をぴくりとも動かさず、
たんたんと、実にたんたんと事件を解決していきます。
まぁ、その動きのムダのなさったら!
小さな懐中電灯でドアやら通気口やら照らして調べている様、
あぁ、ずっと見ていられる・・・。
なんて美しい・・・。

感情がないかとおもいきや、
とくに2話で犯人を追い詰めるときは、その瞳にビリリと電流が通ったかのごとく、
強い感情を内に秘めているように感じました。
はぁ、美しい・・・。(そればっかりw)

魔王の時とは違う強さですね。
あの時は爆発するような怒りの感情を腹の底に閉じ込めながら相手を見る、そんな瞳でした。
径くんは、なんというか腹のうちがわからない感じ。
確かに強い何かがそこにあるのに、つかみどころがわからない。
そんな感じ。

うーん、おそるべしですなぁ。
私はすでに径くんに骨抜きにされそうです。


戸田ちゃんは可愛いし、佐藤さんはベテランの上手さが面白いし、
楽しみどころがたくさんあるドラマだなぁって思います。
あぁ、楽しみ。あぁ、嬉しい。


って、ぜんぜん2話の感想になっていませんが。

テーマ:大野智 - ジャンル:アイドル・芸能

春ドラマ、始まりましたね!
アラシックでeighterの私にとっては、
三毛猫ホームズ、鍵の掛かった部屋、パパドルの3つは外せない。
でもそれ以外のドラマもとっても面白くて、
これから3ヶ月はたくさんのワクワクがありそうです。


ちょいちょい感想を。
記憶の新しいパパドルから。


とってもとっても楽しみました。
出てくるもの出てくるものにキャーキャー言ってしまって。
ポスターとか、レンジャースーツとか、堤監督とか!
「今年もドーム決まったぞ!」なんて言われると、一瞬リアルなのかと錯覚してしまいます。
なんだかだんだんリアルとドラマの区別がつかなくなりそう(笑)。

内容も私はすごく楽しめました。
コンビニでのプロポーズのシーンは、はるちゃんと同じタイミングでボロ泣きしてしまって。
はるちゃんの人生をいろいろ想像すると、亮ちゃんのセリフは心にジュワリと来ました。
まだ多くは語られていないから想像するしか出来ませんが、
17歳で結婚と出産が同時にあったってことは、おそらくできちゃった婚だったのかな。
その時点でお母さんはすごく心配しただろうし、それでも産むことを決意したはるちゃんには大きな覚悟があったはず。
それだけの決意をして結婚したんだから、きっと旦那さんのことすごく愛していたんだろうと思うのです。
実際、そのあとに2人も子どもも作ってるし。
それなのに離婚したっていうのは、そこでまたものすごくいろんな事があったんだろうと想像するわけです。
死別じゃなくて、離婚。そこまで愛していただろう人と。
子どもも全員引き取って、自分一人で育てていくと決意したのは、別れ方に何か問題があったのかなぁ。
そういう時の「母親」って、きっとものすごく大きなものを抱えて背負っている。
あんなにフワフワ笑っているはるちゃんも、「抱えてるものが違うんだよ」っていうセリフにもあるみたいに、
潰されてしまいそうなほとたくさんの物を抱えて生きているんだろうなぁ。
だからこそ、亮ちゃんのプロポーズははるちゃんの心に染み渡ったんだろうなぁ。

とかモクモク想像していると、もー、ボロボロ泣いてしまったのです。
思いのほか、はるちゃんに感情移入してしまいました。
あー、幸せになってほしい。

ストーリーとしては、きっと話が進むにつれていつかは世間に結婚のことがバレてしまうんだろうとは思います。
でも、離婚も引退も嫌だよー!!
たとえドラマの中のセリフでも、亮ちゃんがいなくなって関ジャニ∞を仕切りなおす、なんて言葉を聞くと
すごくすごく悲しい気持ちになります。
だからって、離婚も嫌だ!!
こんなにたくさんの人の人生を幸せにしてきた人が、自分の人生を幸せにする資格が無いなんて、
そんなこと絶対にないのにーーーー!!
と、テレビに向かってギャイギャイ叫んでしまいました。

見ていて、やっぱりこの人達にこそ、幸せな家庭をつくってもらいたいと思うんです。
現実の世界で。
心から誰かを愛して、その人と結ばれて、家族になって子どもを作って、
そして心から幸せだと、そう言ってもらいたい。
うん、そうであってほしい。
それでこそ、沢山の人に愛を届ける存在になれると思う。
ドラマの中の亮ちゃんにも幸せになって欲しいし、
現実の亮ちゃんを始め、彼らみんなに幸せになってほしい。

ドラマがどういう展開を用意しているかはわからないけれど、
世間に結婚のことがバレてしまった時、
結局はファンがどういう反応をするのかっていうところが問題なんではないかと、思ったり。
事務所は守ってくれるかはわからない。
メンバーはみんな亮ちゃんを守るだろう。
ファンも、亮ちゃんを守る側の存在で在って欲しいなぁ。
ドラマでも現実でも。
うん、そうであってほしい。

さー、今日はA-Studioですね。大好きです、この番組。
他番組とのコラボも、1話を見る感じ、違和感のない絡み方だったように思います。
1話はなんといってもアラシックeighterにはヨダレモノ。
亮ちゃんと山コンビが実際に絡むともう少し雰囲気は違うように思うけれど、
大野くんが「今日丸は?」を連発するとことか見ると、
いろいろ調べた上で脚本にしてくれているんだろうなぁ。
ありがたいなぁ。

なんかこう、ひなちゃんとよこちょが率先して亮ちゃんをかばったり心配したり、
っていうのが見えるような感じもいろいろ調べた上での事なのかしらと妄想してしまいます。
お兄ちゃんS最高。
それに、すばちゃんは何かを知ってそうな雰囲気でしたね。実は1人だけ知っているのかも!
はるちゃんと一緒のところをたまたま目撃してしまってるとか!
ありそう!ありそう!
そんで、こっそり亮ちゃんを助けたりしそう!むしろしてほしい!
他のメンバーももっともっと出てくるといいな。嬉しいな。
あー、ホント、いろんな楽しみのあるドラマだなぁ!!


主題歌も、ものすごくいいところで流れましたね。
「愛でした。」
なんで過去形やねん、と思っていましたが、過去形というわけではなかったんですね。
日本語ムズカシイ。

「これが、愛、でした」と、悟った時の「でした」だったわけですね。
とはいえまだ全部聞いてないし歌詞も読んでないので、
ドラマでかかって聞き取れた部分からそう思っただけなんですが。

これが、愛、でした。
君、でした。
そう悟って、覚悟を決めた亮ちゃんが、
ギターをかき鳴らしてはるちゃんに向かって歌い上げるシーンはあるかしら。

歌番組の出演も楽しみにならずにはいられない、とっても素敵な曲だったように思います。
その時はあの赤いカーディガンの衣装なのかしら?


ほんとに、妄想の止まらないドラマです。
いろいろ賛否あるのかもしれませんが、
私はとにかく楽しんで見たいと思います。

テーマ:関ジャニ∞ - ジャンル:アイドル・芸能

バーテンダーの感想全然かいてないやぁ、って気づいて、手抜きみたいですが、まとめて感想書いちゃいます!


私、好きです、あのドラマ!

相葉ちゃんのドラマって聞いて、正直どうなるんだろうって不安も半分ありました。

だってマイガールが素敵すぎたから。

まさむね君があまりにはまり役で、あれを超える役なんてあるかしら?
「やっぱりマイガールのほうがよかった」なんて、思っちゃわないかしら?
って、不安な気持ちがありました。

でもでも、
バーテンダー、とっても好きです。

最初は「大人になったまさむね君」かな?って思ってたんですが、今はそうじゃないって思います。
ちゃんと「溜くん」だって、感じます!

優しい笑顔だけじゃなくて。
自分の技術への自信と、バーテンダーとしての在り方への不安が交錯する感じ。
何より影の部分を背負っているのが、まさむね君とは全然違う人だって気づかせてくれる。


お話も、毎回、いいなぁって思うのです。
特別大きな事件が起こる訳ではなくて、でも、その人の人生を良い方向にそっと押してあげるような、そんなお話。

派手なことは、そんなにない。
でもそのほうが、実はグッときたりするんですよねぇ。私はお酒は全く飲まないので、ちっとも知識がないのですが、ドラマを見ていると、こんなに奥が深いものなのかと毎回驚きます。
それぞれのお酒に物語があって、すごく楽しい。

お酒って、本当に昔から人々の苦楽と共にあったんですね。
種類が多いのも、そのためなんだろうな。
そう思うと、お酒を飲まないというのは人生のうちのいくらかを損しているんじゃないかと、そんなふうに思っちゃいます。

本当に美味しいお酒なら、私にも飲めるのかなぁ。
美味しいって感じるのかなぁ。


ドラマで言っているように、本当に、バーがどんな人も受け入れてくれる場所なら、………うーん、ちょっと行ってみたいかなぁ。うーん、どうかなぁ。




それにしても、
お酒を作る手さばきに、毎回見とれてしまいます。
あぁやってカクテルを作るんだって、恥ずかしながら初めて知りました。


なんて言うんでしょうか、
「型」の美しさを感じます。

茶道に近いような気がするのです。(ちゃんとした知識はないのですが)

茶道って、いかに「型」に合った動きをするか、がとても大事で、そこに美しさを感じるのだと思うんです。
無駄のない、洗練された動きは本当に美しい。

日本の文化には、この「型」の美しさがしばしばみられるように思うのです。
踊りもそうだし、身近ところでも、ふすまの開け閉めの作法なんかでも、そう。

私はこの種の美しさが大好きなんですが、バーテンダーがお酒を作る手さばきって、そういう美しさと通ずるものがあるように思います。

1話を見たときは、なんて綺麗なんだろうって、お酒を作るシーンだけ繰り返し見たりしちゃいました(笑)。
素人ですから、うまい下手はわかりませんが、それでも相葉ちゃんの手さばきに、毎回惚れ惚れしちゃいます!


さてさて、
ドラマも折り返し地点ですし、溜くんの成長やライバルとの対決に、お話は向かっていくのでしょうか。

最後まであたたかな雰囲気だといいなぁ。




以下は、ワタクシゴトのヒトリゴト。
続きを読む
// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。