それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相葉ちゃんの舞台が近づいておりますね。
相葉ちゃん単独インタビューが載った雑誌がたくさん出ていて、いよいよなんだなぁとドキドキします。

ぴあ、LOOK at STAR! OVATION、 LOOK at STAR3月号と立て続けに来たので、まとめて感想を。

どの記事を読んでも、相葉ちゃんの意気込みを感じます。
そして作品に対する誠実な姿勢や、取り組む意識の高さ、エンターテイナーとしての自覚、それから無限の可能性も。
私はお芝居をちゃんとやった経験がないので、ひとつの作品を創り上げていく過程というものは想像するしかないのですが、私は最初、芝居って着地点がある程度見えているのかな、と思っていたんです。とくに演出の方の中では。でも、どうやら、余白というのかな、まだ見えていない、可能性として残してある部分っていうのが結構あるみたいなんですね。それは相葉ちゃんの中でもそうだし、宮田さんにとっての相葉ちゃん(コリン)ていうのもまだ余白の部分があるみたいで。そのあたりが、芝居をしない私にとって興味深かったです。もちろん、人によって手法は様々なんでしょうけどね。最初から完璧に世界を創り上げている人もいるでしょうし。
相葉ちゃんが本当にこれからどうなっていくのか、という点に対してとっても楽しみにしているんだなぁというのがすごく伝わってきました。読んでる私までワクワクしてしまいます!
着地点がまだ見えない段階で、相葉ちゃんの中にあるのはわくわく感、期待、希望、そんなポジティブなものなんだなぁって感じました。青山劇場っていう大きな舞台に対する不安やネガティブなプレッシャーを感じなくて、なんて気持ちのいい人だろうって思います。この人にかかればどんな大きな舞台だって、一瞬にしてステキなステキな相葉ランドに変えてしまうんだろうなぁって。
演出家の宮田さんとの間にも、とても良い信頼関係があるんだなっていうのがよくわかります。

読んでいるうちに、この舞台で相葉ちゃんは更なる飛躍を遂げるに違いないっていう確信がでてきました。この人が、このキャストと演出で、ひとつ上の相葉雅紀にならないわけがない!!っていう確信。
・・・大げさな表現でしょうか。
でも本気でそう思うんですよね。
相葉ちゃんって、前に進もうとする力がとてつもなく強くて、宮田さんはその相葉ちゃんの前進力をうま~く舵取りしてくれそう。信頼関係が見えるから、そう思えます。そして、平さんをはじめとするキャストの方々。すばらしい人と仕事をすると、すばらしい影響を受けることができますから。きっと相葉ちゃんの中に新たな引き出し、世界、表現の幅や深さ、そんなものが生まれ出てくることでしょうね。すごいタイヤとかパーツとか手に入れて、加速度ドンドン上げてく感じ(笑)。そんで、通ったあとには優しい花が咲いてる、そんな感じ。

相葉ちゃんの準備は非常に順調そうで、なので私は相葉ちゃんの表現するもの、宮田さんの演出をすべて受け止めて、すべて感じきれるように、感受性を磨くという準備をしないといけません。何かひとつでも、発信されたものを見逃すなんて、もったいなくでできませんから!!
どんとこーい!!
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

嵐くんたちに突撃お宅訪問されても大丈夫なように掃除しなきゃ!

**世界一のノッポさん**
まさかの“おまる”ネタ!相葉ちゃんったら、リーダーに何させるのぉ~!ってリーダーもちゃんとやっちゃうし!!なんて可愛いおまる姿!アイドルなのに~!
高校生の休み時間みたいなはしゃぎっぷり。こんな嵐が大好きです(笑)。

**巨人倶楽部**
ニノのメモが的確すぎておもしろすぎです!
翔ちゃんの驚いたときの顔が可愛い!目がまん丸で、唇とがらせて口がひし形になっちゃうのなんて愛らしい口!
相葉ちゃんはすばらしいリアクション、そして次の瞬間にもうニコニコこんにちは~って、すばらしい順応性です。そして馬跳び!なんて!なんて!なんて華麗な!惚れる!惚れちゃうよ!そのあと、翔ちゃんを軽々肩車しちゃう相葉ちゃん。すごーい!細いのに力持ち!
松潤も良いリアクションでしたね!満面の笑顔ではしゃぐ姿が少年のようです。松本ベイダーでシューシュー言ってるし!
大野くんは…やっぱりリアクションうすいのね…(笑)。さすがです、動じない


**自分説明書**
ピンクにぶっ飛んでましたねぇ。父母と見ててちょっと照れました。
でもなんか可愛らしいピンクトークで(笑)。
古閑さんったらさらけすぎですよ~。すごく面白くてステキな人ですねぇ。

来週はまたニューハーフさんネタだそうで。
楽しそうな嵐くんたちが観れますように~!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

読めば読むほど、なんだかよくわからなくて。
ニノ歴の短い私には、ニノのインタビューを読み解くのは時間がかかるもようです。

思っていた以上に、ニノって人はシンプルな人なのかなぁ。
好きと嫌い、それに対する距離のとり方が上手いんだろうな。
理屈をこねて自分を調節することをしないんだろう。
もしかして、実は「感じる」事を大事に生きている人なのかも。

この人は、「友達って何なのさっ」とか、「みんな自分の利益のために付き合ってるだけなんだっ」とか、「それなら友達なんか要らないやいっ」とか「みんな嘘つきだぁっ」とか、そういう人間関係の悩みを抱いたことはないのかもしれない(どんな悩みよ。わかりにくくてすみません)。
自分の世界と人との、心地よい距離を知っている人なんだろうな。
そしてその距離を保つすべを身につけている。
なんてしなやかな生き方。

自分の世界がどう在れば心地よいかを知っている。
だからむやみやたらに周りから影響を受けしないし、必要だと思えば受け入れる。
ちょっと違うかな、あらゆることに抗うことはしないけど、流されているわけじゃない。
そんな感じかな。
だからって自分勝手で独りよがりなわけじゃない。
周りにメチャクチャ気を使ってる。やっぱり基本的に優しさで出来てるんだろうなぁ、ニノは。
なのに、自分の世界を保てている。
う~ん、しなやかだなぁ。

だからこそ、嵐って場所は特別なんだろうな。
ニノの中に、自分の世界と、その外の世界、という図式があるんだとしたら、
外の世界には「友達」みたいなジャンル分けはあんまりなくて、
「好き」と「嫌い」の「距離感」があるのではなかろうか。
だとして、きっと嵐との距離って言うのは相当「好き」に傾いているんだろうな。
「友達なんて言葉では言い表せない」くらいに、「特別」な場所。
それはもしかしたら、外の世界とも違う場所かも。
インタビューでニノはすご~く客観的に話してて、けっこう引いたところから嵐を話しているけど、そういう「特別」が伝わってくる。
やっぱり大好きなんだろうなぁ。


MOREっていう雑誌を普通に買っている人たちには二宮和也って人はどう映るんだろう・・・。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

昨日はアラシゴトの嵐だったのです。

姉の家で翔ちゃんの誕生日パーティーをしたんですが、それなら魔王のDVDも解禁しなきゃ!バーモント相葉ちゃんも見なきゃ!っていうかカウコンのテレビ放送もまだ見てないから見なきゃ(遅っ)!それからそれから…!
という感じで、姉に捕獲をお願いしていた色々を一気に見たのでした。

翔ちゃんのケーキは、「やっぱり赤いケーキだよね~ということで、真っ赤なイチゴの乗ったケーキになりました。
ねーちゃんナイスチョイスだよ!
(写真を前エントリーに載せています

相葉ちゃんのCMは、結局捕獲できたのは4つで、テレビ東京系のものがテレビ大阪では流れなかったみたいです。残念…。
でもでも、もぐもぐする相葉ちゃんはそんなことを忘れさせてくれるぐらいに、すばらしく可愛かったです!
口の中にカレーをいっぱい頬ばって、カメラ目線でもぐもぐする姿がこんなに愛らしいって、なんて罪作りなんでしょうね!!
もぐもぐ、もぐもぐ、もぐ曜日!
ふー!可愛すぎて倒れそう!
「26周年」編の「いいでしょう~♪」には心臓ハチキレそうでした。

↓以下、魔王の感想です。特典映像のネタバレもありますので、まだ見ていない方はご注意ください!!
続きを読む

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

20090125201404.jpg

櫻井翔さん、27歳の誕生日おめでとうございます!!

いつでも誠実で、
どんな仕事も真剣に、情熱をもって取り組む姿勢に、
いつも感動させられます。
一生懸命生きるって、こういう事だよなぁって。
翔ちゃんを見ていると、自分にはまだまだ頑張る余地なんていっぱいあるなぁって気付かされます。

翔ちゃんは眩しい。
キラキラ、キラキラしてて、放たれる力がハンパない。
でもその眩しさは、思わず目を背けてしまうようなものではなくて、ずっとずっと見ていたくなるような、あたたかな光なんだと思います。
仕事や人や生きることに対して、嘘のない誠実な姿は美しい。
そんな美しい翔ちゃんをずっとずっと見ていたい。
翔ちゃんの27歳という1年間が、翔ちゃんの人生にとってかけがえのないものになりますように。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

おにいさん、二回目。

もう、このドラマ、くびったけですよ、くびったけ!

今日はケンタおにいさんが歌いましたね!
チャチャチャ☆
大野くん節のおもちゃのチャチャチャ☆
なんてかっこよく歌うんでしょうね。そこは元ロッカーだったという設定ゆえなのかもしれませんが、童謡をこんなに男前に歌う人、そんなにいないでしょうね。
「ヘイ!」って言っちゃったし(笑)
そして来週は踊るんですか?なにやらパピプペポンの振りを教えているようでしたが。
もう、たまらないです。たまらないですよ、ケンタおにいさん!

そんなビックリステキなケンタおにいさんにもくびったけですが、なんせストーリーとか、セリフとか、ドキッとします。
なんとも不条理なパピプペポンワールド。っていうか、不条理な王子。
でも、ところどころ、王子の言っていることは的を得ていたりもする。
健太君はどうしたって、嫌々だし、プロ意識なんて微塵もないし、着ぐるみの中ではいつもブスッとしてるし。だから、「1発で決めてくれよ」って王子が言っちゃうのも、実は正しい。お池にはまったどんぐりに、そこまでのストーリーを描いているんなら、やっぱり王子のほうがプロとしての仕事をしているんだと思う。だから、そのへんがまだ健太君がダメダメ君のままだって事なんだろうな。
まぁ、もちろん、王子は根っこのところでひん曲がっているのは確かなんですけどね。

パピプペポンの不条理の中で、必死に生きている真鍋さんはかっこいいなぁって思いました。
収録に遅れてきた健太君、原因は絶対的に王子にあるけど、王子を責めることができずに、健太君を叱咤する。でもそのあと、後ろを向いたときの悔しくてたまらない表情が、なんともいえなくて。
真鍋さんは戦っているんだなぁって。
その姿は素敵だなぁと思いました。

あぁぁ、そして、守君!!
そうだよね、そうなるよね。
いきなり生放送で歌えって、しかもこのCMあけたら歌えって言われたらそうなるよね!
たいていの人がそうなるよ!無理だって。できないって。
でも、そういうチャンスを掴めるか掴めないかで、人生ってきっと大きく変わる。
健太君はきっと物凄く大きく変わった。だって、今の自分を認められたもの。
だから、守君が次のチャンスをつかめますように!!
掴めるくらいのステキなおにいさんに成長してますように!!
がんばれ守君!!

大野くんのステキな童謡と踊り、そしてステキなストーリー。
とってもとってもくびったけ。
来週がまたとっても楽しみです。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

脳のトリックは全問正解でした!!
やったー!

今日は嵐くんたちがず~っと出ていたので大満足です。
みんなでワイワイ話してるのが微笑ましい

トランプトリックで色が変わるやつ、ニノさすが!!
マジシャンだもんね!
でも脳トリックの問題が苦手っていうのは意外でした。

まつじゅんが堂々と「超能力!」って、何喋っても男前!なんて可愛らしい男前!

相葉ちゃんはぜんぜん正解できないし、テストって聞いて超テンション上がってるし、あぁ無邪気。

翔ちゃんは結構すぐに正解しててすごい!って思いました。最初からピサの斜塔の階数数えてるなんて、鋭い着眼点!

でもでも、やっぱり一番大笑いしたのは大野くん!
緑のはちまきの漁師姿!
いかつい!
いかつ過ぎる!!
そんでもって黒すぎる!
ネタにされちゃうなんてスタッフにも愛されているようですね~。
見つけたときの他のメンバーもスッゴく楽しそう!っていうか嬉しそう?
みんなに愛されている大野くんは、見ていてとっても微笑ましいです。


来週も丸々嵐くんたちが出てるみたいで楽しみ!
予告の相葉ちゃんの馬飛びにドキドキしてしまいました

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

昨日、今日と、テレビは相葉ちゃん祭だそうで。
残念ながら私はまだ一つも見れていません。私がテレビを見る時間帯にはカレーのCMはやらないんでしょう
しかも我が家はまだVHS。最長6時間しか録画ができないので捕獲はすべて姉に任せることにしました。姉の家はハイテクなので。
昨日、朝日系、TBS系の捕獲完了の連絡があり、今日はなんとハウス食品さんに電話して捕獲に臨んでいるそうです。
すごいよ、ねーちゃん!
頼もしいよ!
そんなにアクティブな人だっけ?
それも愛ゆえですねぇ。

良い報告を期待したいと思います

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

本当に焦りましたが、セブンイレブンネットで予約ができました
セブン&ワイじゃなくて、セブンイレブンネット。
同じなのかと思ったらセブン&ワイは相変わらず予約終了なのに、セブンイレブンネットの方ではまだ受け付けてました。
ただ、健太くんDVDの初回2はすでに在庫切れ…。
とりあえず初回1と通常版を予約しましたが、歌のおにいさん、人気大爆発のようです…。

そしたら、姉の職場近くのCD屋で予約を受け付けてるとのこと!
なんだー、焦ることなかったなー(*´Д`)=з
初回2も無事に予約完了。

あ~~、ホッとした!
あとは発売を待つばかり!
楽しみだなぁ!!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

いいなぁ、食べても太らない体質…。
ギャル曽根さんは本当に美味しそうに食べる方で、見ていて気持ちいいです。

相葉ちゃんがひたすら失礼で愛らしい!
うちの犬と一緒とか、
例えたら追放されちゃうとか(食べた瞬間涙目だし!)
なんかタマネギです、とか!

今日もかわいい瞬間が本当に多くて、大笑いしながら癒やされました。
曽根ちゃん曽根ちゃん言ってるニノ。
争奪じゃんけんに必死な5人。
誰も美味しいって言わない相葉的ワンスプーン。トイレの話に超食いつくし(笑)。


相葉ランドは大食わず嫌い王と言うことで。
必死に食べる翔ちゃんが男らしい
食べるニノってめずらしいなぁ。麻婆は相葉ちゃんの策略??
そば好きのまつじゅん。そば好きってグルメっていうイメージがありますからねぇ。なんかさすがって感じです。
大ちゃんはカルビ…、っていっぱい食べたらふっくらしちゃうよ~!って思ったら…
両者参りましたで引き分けに。
ちょっとホッとしました。

ケンドーコバヤシさんと深田恭子さんが出演予定に入っていましたが、これはヤッターマンの絡みですよね!
裏話が聞けるかな!!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

セブン&ワイとAmazonで、Believeがすでに予約受付終了してました…。
まじでっっっ?!
もう完売?!

3月発売だからと余裕こいていた私は大バカ野郎ですか?!
前回は普通にCDショップで予約して購入したので、今回もそうしようと思っていたのですが、それは甘ちゃんな考えだったのでしょうか…?!

もうとっても不安です。
嵐(というかジャニーズ)初心者はこういう時に、勝手がわからなくて、不安になります。
予測ができないから前もっての準備ができないんです。
CDだけじゃなくて、「今日ワイドショーに出るだろうな」というヤマがはれない…。
見逃した映像数知れず…。

あぁ~、大丈夫かしら……。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

基本的にコメディなんですけど、
なんだかとっても旬なメッセージ性のあるドラマだなぁと思うんです。

舞台は子ども番組っていう、あんまりありえない場所なんですが、そこに起こっている状況ってわりと普通に起こりえるなと。
ワンマンで横暴なエースがいて、腰巾着がいて、
ワンマンなエースが売り上げやチームを支えている現実は確かなんだけど、
そのチームの方向性に問題があることはわかっている上司。
現状を変えたいけれど、エースを手放すこともできず。
打開策を打っても裏目に出てしまう。
現状に甘んじるチームのメンバー。

これが大人ってものなの、と真鍋さんが言っていたけど、そうやって矛盾を抱えながら変化していくこともできずに、もどかしいフラストレーションを抱え続けている、そんな「大人」な世界は現実世界でもすごく多い。と思う。

間違っていることを間違っているって自由に言えない、
間違っていることを正しいと言わないといけない。
そんな世界に飛び込んだ夢あふれる守君とやる気ゼロの健太君。

私の注目は、守君が矛盾だらけの世界で絶望や失望をしたとしても、いかに夢を持ち続けて、それを叶えていくのか、ということ。
そして、健太君が、いかに間違っていることを間違っていると言うのかということ。
それが言えるだけの人間にどう変わっていくのかということ。
そして、矛盾だらけの世界を「壊す」だけでなく、どう責任を取りながら、どう「変えて」いくのか、ということ。

そのあたりが明快に、爽快に描かれたなら、もうそれはコメディの枠を飛び越えて、今の社会にとってもとってもHAPPYなメッセージを届けてしまうステキなドラマになってしまうんじゃないかと思うのです。
う~ん、期待しすぎかしら。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

もう!ものっすごかったよ大野くん!

冒頭の歌うおにいさんに脳みそ打ち抜かれまして。
ロックなおにいさんに心臓バクバクしまして。
必死で走るクシャクシャ顔にキュンキュンしました。

もう、とにかくかっこいいわ、かわいいわ!
予想以上ですよ!

へなちょこでダメダメな健太くん。
でも熱い気持ちも持っていて。
はぁ~、どうなっていくのかな、健太くん!楽しみだな!

周りのキャラもキレてますね。王子と歌のお姉さんすごかったー。丸山くんもステキな役だし。木村佳乃さんはきれいだし。

それにしても白い着ぐるみの中の顔が黒いの!
白いと目立っちゃうよ!
それも愛おしいけど!


そしてそして!主題歌!
ちょっと泣きそうになりましたよ!
なんだかあの優しい笑顔で歌ってるのが目に浮かぶようでした。
無条件で元気になりそうな曲ですね。
う~わ~!フルサイズで聴きたい!

来週も楽しみだよ!パピプペポン!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

公式サイトが更新されてましたね!!
朝からテンション上がりまくりです!
他局は無理でもMステ出演はあったりして!
もしや次のコンサートのソロはおにいさん?!
それは…観たいけど…ガシガシ踊って歌う大野君の方が観たいかなぁ…。
何にしても今日ですね!
はぁ~ソワソワする!
パピプペポン♪♪

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

あぁ、この不安な感じ。

カレンダーを予約したときも何が公式の情報かわからなくて、飛び交うさまざまな情報に踊らされたものです。

そして今度は「歌のおにいさん」の主題歌。
嵐のawayっていう曲だとか(何故曲名まで出てるの?!)、お兄さんのソロだとか…。
昨日のナニコレ珍百景では番宣の後ろで流れていたのは明らかに嵐じゃなかったし(GReeeeNに聞こえたのは私だけ?)。

今日会見があったそうですが、主題歌の事は何か言っていたんでしょうか。

はぁ、全ては明日を待ちましょうという事なんでしょうか…。
生殺しの気分ですぅ…
嵐くん欠乏症を脱するために選んだのは、VSでも宿題くんでもなく、ALL or NOTHINGのDVDでした。
結構前から手元にはあったんですが、いろいろなタイミングが合わず、ずっと見ていなかったんです。で、「今しかない!!」って思って、昨日やっと見ました。

今、私の手元にある中では一番若い嵐くんなのかなぁ。
みんな、すごく若い。顔がやっぱり違うんですね。
そして細い。細いと言うか、華奢なのかな。少年のような華奢さ。
今がどれだけ大人になったかというのがよくわかりました。

レベルアップがテーマのこのDVD。
とっっっても興味深かったです。
できることならこのときの彼らに、確実に夢に近づいている10年目の嵐を教えてあげたい。
でも、それはしちゃいけないんですよね。
相葉ちゃんが言ってましたから。
何年たっても、頂上まであとどれくらいのとこまで来たとか思いたくないんだって。
がむしゃらにがむしゃらに、でも大事に大事に、一生懸命に進んできたから、今の彼らがあるんでしょうね。
DVDにしなくったって、何度も何度もレベルアップしなきゃいけない場面はあったんでしょうし、そのたびに彼らはきちんとレベルを上げてきたんだろうと思います。
本当に、感動的な5人です。

デビューから3年、ひとつ上のステージに上がろうとするその勢いを感じました。
それはこの時期にしか持ち得ない、もしかしたら幼いような愚直さ。前に前に進もうとする、とてつもない力強さでした。
向かおうとする場所は、きっとこの頃はすごくすごく遠く見えたんでしょうね。
このDVDができた過程は知らないのですが、もしこの企画が嵐5人からうみだされたものなら、現状を打破しようとする彼らの覚悟の表れなのだろうと思います。まつじゅんが言っていた、「一番上に行きたい」という、その気持ちを5人ともが持っていて、でも足りない自分たちの力も感じていて、それを打ち破るための通過儀礼のような意味合いでDVDを選んだなら、それはすごい覚悟だなぁ、と。だって形になるってことは、のちのちまで残るって事ですから。世の中に残っていくということは、もうあとには引けないって事ですから。
うん、それはすごい覚悟だ。
続きを読む

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

ここ3日くらいはとっても忙しかったもので、VS嵐の感想も書けずじまいです。
アラシゴトもいろいろおあずけで、もう~欲求不満!大爆発!移動中はず~っとiPodで嵐聴いてました。「優しくって少しバカ」は本当に名曲!「言葉より大切なもの」と「ピカ★★ンチ」は何度聴いても泣いちゃいそうになります。でも電車の中だし泣けないし!
う~、嵐が足りないよ~!DVD観たいよ~!スープでおこげの新しいCMもまだ観てないし~!録画した番組もまだリピしてないし~!

そんな嵐欠乏症でキィッとなっていましたが、それも12日で終わったのでやっと今日からはゆっくりビデオやらDVDやら鑑賞したいと思います。
手始めにVSと宿題くんをリピしなきゃ
まだ1回しか観てない、いざッNOWのDVDも観なきゃ
雑誌もチェックしなきゃ
はぁ幸せ。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

今日のMステ。
なんて気持ちのいい5人なんでしょうね。
彼らが喋っていると本当に楽しい。

衣装がスーパーライブの時の赤パンツ!
ニノと相葉ちゃんのジャケット丈が神がかってた衣装だわ!
もう大興奮!

大野君ったら「違ったテイなtruth君」だし!何そのかわいらしい「君」は?!
まつじゅんったらニノのポッケとんとんして、何?何?マジック?!
でもニノは「持ってない」って、あ~残念!
相葉ちゃんは10周年だか26周年だか、何喋っても可愛いわ。大事なとこで噛んじゃうのとか、もう期待通りだわぁ。
そしてここぞとばかりに突っ込むニノも可愛らしいわ。

あ~、今年は何をしてくれるんでしょうか。ちょいちょい、期待させてくれるような発言がでていますが、もう何かしら計画があるんでしょうかね。
本当に楽しみです!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

+act.のインタビューの感想です。

もう、泣きながら読んでました。
翔ちゃんのあまりに誠実で嘘のない生き方に心打たれて、この人は芯から美しいと思いました。
仕事への誠実な姿勢、人との付き合い方、マイノリティー、信じることがすべてLove so seet・・・、気になる話がたくさんありました。
そのすべてが、正直で、飾らなくて、櫻井翔という人を映していて、なんて感動的でドラマティックな人なんだろうと思いました。
そう思うと同時に、翔ちゃんのものの感じ方に共感できるところが多くて、正直嬉しかったんです。なんというか、この人は凡人の理解を超えたスーパーマンな訳じゃなくて、あくまで普通の26歳なんだなぁって。職業としてプロのアイドルであるというところはちょっと特殊だけど、ちゃんと思春期を全力で生きて、人を信じられない時期もあって、人との出会いやいろんなことで成長して、変わっていって、今とても充実した人生を、一生懸命生きている。そんな普通の26歳なんだなぁって。
だからこそなんでしょうね、嵐を見ていて、自分ももっともっと頑張れるはずだっていう気持ちをもらえるのは。自分に置き換えやすい、というとちょっと語弊があるかもしれませんが、自分に近い存在だと思えるような人たちなんでしょうね。だからこそ、うん、やっぱりもっともっと頑張らなきゃ。

芝居の話も、キャスターの話もとっても興味深かったし、感動したんですが、私個人的には、高校生のときの話と、「スタンダードを作る」っていうあたりが非常に心に残りました。

高校生のときの話しは、まさに思春期真っ只中の翔ちゃんですね。
思春期をどんな風に過ごしていったのかっていうのはすごく興味があるんです。
だって、それはさに嵐結成の時期で。
思春期の時期って、心はいつも波風立っていて、敏感で、すぐに上がったり下がったり、こんなにいろいろ感じてたり考えてたりしたら疲れて死んじゃう!!っていうくらいいつでも大波乱なんですよねぇ、今思うと。そんな時期に嵐結成ですから。そりゃぁ、心は大津波をむかえていたんじゃないかって思っていたわけですよ。
でも、どうやら翔ちゃんにとって嵐結成は、むしろ思春期を終えるきっかけになったのかなぁと感じました。いや、きっと最初は大津波だったんでしょうけど。
4人との出会いと、5人が仲間になっていく過程、それって本当にドラマティックだったんだろうなぁ。こういう、一人の「人」の成長していく様とか、そのときの5人の成長の様とかを感じることができるから、嵐って感動的なんだろうなぁ。だから嵐の仲の良さって、それだけで感動的なんですよね。裏にある今までの心の経緯を感じることができるから。

あと、「スタンダードを作る」っていう話。
こういう話を聞くと、ドキッとします。
野心というか、大きくて強い願望を持っているということ、それが、嵐というグループでもそうだということ、こうして言葉にされると、なんだかドキッとしてしまいます。24時間テレビの相葉ちゃんの手紙で「トップになるって夢、絶対にかなえようね」をきいたときも同じような「ドキッ」がありました。
驚き、とはまた違うんですが、なんというか不意打ちでストレートをくらってしまったような、そんな衝撃です。
普段の彼らは、無欲というか、ガツガツしていないし、野心や夢があるって事を忘れちゃうんですよね。無防備だし。だから、リリックでそういうものが見えると、ドキッとさせられちゃうんです。彼らの中にある、普段は見えない熱い塊にドキッとさせられちゃうんです。
そうか、彼らはこんなに上に向かっていこうとする気持ちを持っているのか、って。
そんなの聞くと、泣きそうになるんです。
確かに翔ちゃんはパイオニアだし、たくさんのスタンダードを作っているんだと思う。
サクラップは唯一無二のアイドルがするラップとしてひとつのジャンルじゃないかとすら思うし、
アイドルのキャスターというものは、翔ちゃんがすでに確立しているとも思うし、
「俺らがあくまでタイトなパイオニア」って、まさにそのとおりだって思います。

嵐に触れると泣きそうになります。
それは彼らのたどってきた道のりのドラマティックさ、そして彼らの持つ夢の大きさと熱さ、それらが感動的で、もう泣かずにはいられないんです。
っていつもこの結論に戻ってしまうような気がしますが、う~ん、やっぱり、感動的だし、大好きだなぁって思ってしまいます。うん、やっぱり嵐が大好きです。
あ、翔ちゃんの話からずれてしまいました。でもやっぱり、ここに戻ってくるんでしょうねぇ。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

グリーンフィンガーズで相葉ちゃんと共演されると知るまで、失礼ながら平さんの事はあまりよく知らなかったんです。

今朝の朝日新聞に、第8回朝日舞台芸術賞の各賞が掲載されていたんですが、平幹二朗さんがアーティスト賞を受賞されたそうです。
『わが国で随一のシェークスピア俳優』と称される平さん。
確かに、写真を見ただけでその迫力や存在感の大きさを感じます。

こんなに凄い方が相葉ちゃんと共演だなんて!
芝居をやる者として、相葉ちゃんは幸せでしょうね。
もちろん、だからこそのただならぬプレッシャーもあるんでしょうけど。
その道において一流の方と仕事をするというのは、きっときっと相葉ちゃんに素晴らしい刺激を与えてくれるに違いない!!
と、非常にワクワクする出来事でした。
+act.の感想です。
インタビューの内容は、私には簡単に感想を書けるような量ではないので、先に写真の感想を。
(なんせ18000字越えですから。ほかの方のインタビューもあるし。)

私は最初、セクシー翔ちゃんっていうから、とても華やかなものを想像していました。
例えば王子様のような華やかさ(それこそバラでも背負うくらいの勢いの)に耽美なエロティックさを掛け合わせてくるような感じかと思っていたんですね。
だって表紙なんか、それこそ少女漫画に出てくるステキにかっこいい男の子そのものじゃないですか。キラキラの目に長い前髪と口元と肩が、それはそれはセクシーで、ここから放たれる光はハンパないです(いまだに直視できない)。その雰囲気が最初松潤のようだと思ったんです。松潤がセクシーをテーマにして写真を撮ったらきっとこんな感じになるだろうなって。キラキラと輝く健康的な少年の色気と、華やかで艶やかで美しい男性の色気が上手くまざりあったような感じ。

ところが、櫻井翔という人は、そんな浅はかな想像なんかかる~く超えていく人でした。
ページをめくってビッッッックリしました。

だって、なんというか、非常に男性的だったんです。
私の少ない語彙で表現するなら、ワイルド?野性的?どちらも違うなぁ。
インタビューの言葉を借りるなら「男の色気」と言うところなんでしょうが。
私の中のセクシー観が揺さぶられました。
写真の翔ちゃんは、甘さなんてひとかけらもなくて、ビター度で言うならカカオ99%並み。
ゴツゴツとしていて、華奢という言葉はちっとも似合わない。
あらわになった上半身もにはいやらしさなんて微塵もなくて、首や鎖骨や腹筋や、肩甲骨からグッと伸びた腕の逞しいラインとか、女性には手に入れることのできない、男性しか持ち得ない美しさです。
銃でもかまえたら、それだけで映画が1本取れそうなくらい。

そして、何より、彼の目の鋭さ。
目次をめくった左側のページの写真は、見た瞬間呼吸が止まりました。
つねづね、櫻井翔という人は雄々しさを内に秘めた人だと思っていましたが、この写真はその雄々しさを切り取ったような、そんな写真だと思います。目の強さがハンパない。
翔ちゃんの雄々しさは、底知れないものがあるように思います。雄々しい翔ちゃんはライブや、リリックでよく表に表れますが、それは演出や計算などではなくて、本当に翔ちゃんの奥底に渦巻く情熱や野心が、噴き出るように言葉やパフォーマンスとなっているのだと思います。しかも、まだまだこんなもんじゃない、彼の体の奥にはまだまだ熱い何かが渦巻いている、そんなふうに感じてしまうのです。
この写真の彼の目は、その渦巻く何かが噴き出した、その一瞬の目なんじゃないかと思うのです。

これをどう表現したらいいのか。
そもそも写真で表現されているものを言葉にすることが間違っているような気もしてきました。
ただ、「美しい」ということを櫻井翔という人物で表現すると、こうなるんだ、という感じなのかな、きっと。
うん、こんなに美しい翔ちゃんは見たことがないです。
というか、こういう種類の「美しさ」は滅多にないです。

本当にすばらしいものを見ました。
本当に美しいものを見ました。

2009年、5日目にして相当の衝撃です。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

+actの話です。まだ中身は見ていないのですが…。

今日いろんな方のブログを見て、物凄く気になっていたのです。
だって、セクシーな翔ちゃんだなんて!
あのクリクリの目とプックリした唇を以てセクシーしちゃうだなんて!
これは、いつもは雑誌買わない派の私も買わなきゃなるまいと思ったのです。
そしたら姉が私の分も買ってくれるとの連絡が!ヤッター!ありがとう、姉ちゃん!!

待ち合せのために、時間をつぶそうと本屋へ。
待ちきれなくて立ち読みしてやろうと思ったのです。
そしたらっ!!
平積みされたたくさんの雑誌の中に、紫色に光る翔ちゃんが……っっ!!
これはっ………、正視できないっ!
ムリムリムリ!
立ち読みなんて絶対無理!
想像を遥かに超える色気を、紫色の翔ちゃんはこれでもかってくらい放っていました。
例えるなら紫色(ラメ入り)のドライアイスが平積みの雑誌の上を滑り降りて、モアモアと辺りを包み込んでいるかのごとく、翔ちゃんの放つ力はすごかったのです(例えが下手すぎる!)!

なんというか、地雷を踏んでしまったかのような衝撃でした!
嵐のファンになってから、本屋ですごく良い表紙を見ると、体に電気が走って動けなくなる事がたまにあります。
本屋って、そんな地雷の宝庫なんですよね。油断しきってるところに所に、ビックリするような出会いをドカーンって仕掛けてたりする。
その中でもこれは飛びきりマキシマムな地雷でした。

電車の中ではとてもとてもページを開くことはできなくて…。
本屋の袋から紫のモアモアがこぼれてるような気がして落ち着きません。
……ぐーはー!早く帰ってよみたい…!
今日のzeroは正視できないかもしれない…。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

めちゃイケの色取り忍者!見ました!
大野くんが最初から最後までいじられっぱなし!
大野くんにオチを回すというのは今やバラエティーの鉄則のような感じですねぇ。
登場から、扉に「ガンッ」って!
大野くん、いなくなっちゃったぁぁぁ!
って思ったらコソッと扉から覗いてるし。
おぉ~、かわいらしい…。
でもあの切ない顔を見てると、4人に「もっともっとフォローして~!!」って思っちゃいます。
個人的にはみんなで大野君をフォローしてる、そんな5人が見たいのです・・・。

嵐さんの忍者(っていうか侍?)姿はかなりステキでした。
ニノは断トツで似合ってたし(母も大絶賛でした)!
大野くんと松潤もしっくりきてました~。相葉ちゃんと翔ちゃんはちょんまげが良かったなぁ~。あのカツラより似合うと思うのです。翔ちゃんなんか本当に良いところの若旦那って感じになりそう。

ゲームは大野くんの一人負けになるのではと心配してたのですが、意外や意外!一人負けなしで、すご~いリーダー!!みんなメチャメチャ必死で一生懸命(とくに翔ちゃんの顔がすんごい必死!)なのがおかしくて!

鼻フンフンした上に、粉まみれでテンション上がっちゃう相葉ちゃん。
カツラが思いっきりズレる、嵐の王子様(笑)松潤。
どSキャラ全開のニノ(「ベンツよりは上ですか?」って!カッコつけた松潤のまねする、あの顔!)
終始ビクビクしてるのに、粉まみれになったときの眼光の鋭さがびっくりかっこ良かった翔ちゃん。
そして、振れば応える、頼れるリーダー!!(うちわパタパタしたい!!)
とっても愛らしい5人でした。
バラエティのときの、5人の少年のような笑顔がとってもステキです。
5人でとっても楽しそうにしてるのって、見ているだけで幸せです。

あ、あとブルーな気持ちはかなりツボでした!
相葉ちゃんたら、またう○こって・・・。アイドルなのに・・・。アイドルなのに・・・。

来週はVS!!楽しみ楽しみ!!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

関東に祖父母がおりまして、年末年始はそちらで過ごしました。
今年は例年以上にワックワク。
なぜなら(カウコンももちろんですが)、
関東にしかないラジオ!雑誌!テレビ!
があるからです!

まずはHanako!
関西のHanakoには嵐の連載がないのです。ドキドキしながら本屋さんへ。
あ!発見発見!
なんとー!
相葉ちゃんの号と松潤の号がならんでる!
迷わず2冊購入

そして関東でしかやっていない「キキミミ」での大野くんの番宣!
うーわー!
大真面目な顔して「裸体」って言ってる!
アイドルなのに!アイドルなのに!
そして謎の仮眠室!眠そうな顔!
はぁ満足

ラジオも相葉ちゃんのレコメンと松潤のJUN STYLEを聞くことができました
大野くんのはFM横浜が入らなくてダメだったんですが…。
でもでも、とってもとっても充実した年末年始でした。
関東が羨ましいなぁと改めて思ってしまいますが、こればっかりは仕方ないですからねぇ。
さてさて!
今日は色取り忍者!
今は新幹線の中!
間に合うかしら?!

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

ポツポツ思い出してきたので、覚えてる範囲で書いてみます。

TV放送前はグループごとに唄ったんです。
最初がKAT-TUN、続いて関ジャニ∞(ねぶたトロッコに乗ってました)、NEWSが唄って(クレーン?に一人一人乗ってて山下くんが目の前でした!)、トリが嵐でした。
赤い衣装で、メインステージから登場して、その日一番の声援でした。

確か1曲目は「We can make it」。Yeah~の大合唱にびっくりして大感動。
松潤の「飛べー!」で「Oh Yeah」始まって、ドームが揺れました!サビで更にドーム全員が腕を振って、もう圧巻。
後ろのステージに移動して「風の向こうへ」だったかなぁ?この辺曖昧。

それから、「この後はジャニーズカウントダウン!」っていうのを撮ったんです。
5秒くらいで、メインステージで客席をバックにして。松潤が「みんなでやる?」って言って、みんなが「うんうん!」って感じで、これもすごい一体感でした。
それから真ん中のステージに移動したんですが、その時のやりとりがすごく可愛かったです。
翔ちゃんとかニノが「相葉さんは生放送はあんまり喋んないで」って言って、相葉ちゃんが「ちょっと待ってよー、ちゃんとやるよー」みたいな感じで。どSのニノと相葉ちゃんのやりとりが生で見れちゃいました。
あぁ、可愛いよぉ。ドームでもとっても可愛いよぉ。相葉ちゃんはいつでも一生懸命なんですねぇ。
なんだか嵐がしゃべると安心しました。翔ちゃんがしゃべると、幸せな気持ちとホッとする感じでいっぱいになりました。
放送が始まってからは、もう全然記憶が曖昧です。細かい動きはよく見えなかったですし。

あ、松潤が赤西くんのおしりをチョンって蹴って、赤西くんがやり返して、っていうやりとりが可愛かったです。
CMの時も、CMに入る度に1曲唄ってくれて、これはすごいパフォーマンスだなぁって思いました。観ている側としてはCMの事なんてちっとも気にならなくて、すごく計算されているなぁって。

あと、最後に、松潤が各グループを紹介していって順に退場して、最後に嵐が残ったんですが、松潤が「言っちゃって良いですか?俺たち名前は何だー?」って言ったんです!「嵐ー!」って、もう大興奮、大絶叫!しかも退場していくときに翔ちゃんが「バンザーイ、バンザーイ」ってしたんです。あ~DVDで見たやつだ~!って。もう可愛くて可愛くて…。

はぁ、思い返すととても幸せです。しばらくはこの余韻で幸せいっぱいです…。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

皆様!新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします!

興奮冷めやらず、しかしながら夢心地。細かいことは何にも覚えていません…。でも嵐さんたちは、ひときわキラキラとしていて、その眩しさは覚えています!もちろんファンの贔屓目もあるとは思うんですが、嵐さんが歩いてくると、そこにはキラキラしたオーラが漂っていて、ホントに体が光っていました。ホントに、光っていてとにかくキラキラでした!
スタンドの1階で、肉眼でも何とか見分けられるくらいの距離でした。
翔ちゃんがすぐ近くでこちらに背を向けていたときは立っているだけで素晴らしくて、後ろ姿だけでかっこ良くて…。相葉ちゃんのお手振りも生で見れました!ニノと大野くんは仲良く歩いてました!松潤は遠くても一際輝いていました。
すみません、レポみたいなことは書けないんです(なんせ興奮していて)。放送前にOh Yeah!をやってくれて、DVDを観たときからやりたかった手の横振りができてすっごく嬉しかったです。放送にもあったA・RA・SHIは念願の「そうさ僕らは」「Super Boy!」が出来てもう死にそうでした。そして生truth!すごく遠かったんですが、本当にかっこ良かったです。
嵐だけじゃなく、ジャニーズの皆さんは本当にすごいですね!みんな、すっっっごく輝いていました。よく知らない私でも、ドキドキしました。アイドルってすごいって本気で思いました。
そしてファンの皆さんもすごい!どんな曲が来てもみんな踊ってる!なんて情熱!なんて大きな愛!KAT-TUNが2月発売の新曲を唄ったんですが、初めて聞くはずなのに、もう一緒に踊っているんです。一緒に楽しもうって気持ちが素晴らしくってそちらにも私は感動してしまいました。ドーム中で同じ振りで動くペンライトの光、とっても美しかったです。


あぁぁ、そして、なんと、関ジャニ∞の丸山君の投げたサイン色紙を……
私の姉がGETしてしまったのです!!!
えええぇぇぇっ!!
それはまだ2008年ことだったので、2008年にいろいろあった姉に、最後の最後で1年分のご褒美が来たんだろうねって、大喜びでした。
表にはサインと、左上に豪快な「パァーン!」。
裏には「今年も、先に言う。ありがとう」。
わぁぁ、こちらこそありがとう!!

とっても幸せな年越しでした。こんな幸せな気持ちで2009年を始めることができて、嵐さんをはじめ、ジャニーズの皆さんには感謝感謝です。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。