それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ、
ようやく、

宿題くん最終回の感想が書けそうです。


TimeのDVDで、ニノが挨拶の時に言っていたんですが、
「終わってしまうことは悲しいけれど、
 終わりがあるって事は、始まりがあるってことで、」と。

そう、終わることはとっても悲しい。
でも、それは、次の始まりにつながるってこと。

最終回は、やっぱり楽しくて、たくさん笑って、
でも、最後は何度見ても泣いてしまって。

「寝たら終わっちゃうんだよ」っていう大野君の言葉に、
どうしても、涙が出てしまいます。

終わってしまうって、本当に、悲しい。
でも、終わることは、失うことじゃない。
そう、失うことじゃない。

そこには、8年の愛の積み重ねがあって、
今の嵐を作ってきた、たくさんの愛があって、
嵐の5人は、本当に、幸せそうで、
あぁ、良かったなぁって、そう思います。

8年の愛をしっかり受け取って、
受け取った分、しっかり成長して、
そして感謝して、
次のステージに上がっていく、
そんな彼らを、やっぱり素敵だと思います。

どうしても、同じところにずっととどまる事はできないんだなぁ。
だって、彼らは、ずっとずっと、進んでいこうとしているから。
右肩上がりであろうとしているから。
何かを終えることは、彼らにとっては、次へ進むための大切な節目。


だから、悲しい気持ちはどうしたって、あるけれど、
大きな大きな愛に、幸せを感じて、
次に進もうとする彼らに、希望をもらって、
そして、感謝したいと思います。

ありがとう、宿題くん。
スタッフの皆さん、ありがとう。
とってもとっても大好きでした。
本当に本当に大好きでした。
嵐君たちを愛してくれて、ありがとう。
本当に、本当に、ありがとうございました。


続きで、拍手のお礼です。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

Mステもうたばんも、かわいさ爆発。
あぁ、なんて、すばらしい5人。
とくにMステは、山コンビのハート、とか、大宮のいちゃいちゃ具合、とか、
思わず叫ばずにはいられないポイント満載で、何度も何度も見返しちゃいます。
あぁ、楽しい。
やっぱりすばらしい5人です。

近況としましては、
相葉ちゃんの舞台は落選してしまいました。
いやいや、仕方のないことです。
今の人気ぶり、そして東京のみの公演ということをかんがえると、
当選は奇跡以外のナニモノでもないはず。
当たった方はぜひぜひ、楽しんできていただきたいです。
・・・そんでもって、DVDになったりしないかしら・・・。
ニノちゃんの舞台も。
絶対、絶対、絶対、買うのになぁぁぁ。



さて、
今日は、ぼやきというか、なんというか。
こういうことを吐き出せるのは、やっぱりここしかないなぁと思いまして。

今、嵐の人気はすさまじいわけですが、
それでもやっぱり、
「ジャニーズなんて」「アイドルなんて」
という声が周りから聴こえてくることがあって。
それが、赤の他人だったら聞き流せるんですが、
割と近い友人から聴こえてきたりなんかすると、すごく悲しい気持ちになってしまうのです。

私も以前はそういうことを言う側の人だったので、
「ジャニーズなんて」と言っちゃう人の気持ちは解らなくはないのです。
世の中には、いろんな噂がものすごく出回っていて、その噂の信憑性なんて全然わからないのに、
悲しいかな、そのせいでジャニーズというもののイメージがかなり出来上がってしまっていると思います。
私も、嵐に出会う前は、誰が言ったかも解らないような話をなんとなく信じて、なんとなくそういう見方をしていました。

だからこそ、自分たちでステージのアイデアを出し合っていて、
自分たちでコンサートをつくっていて、
コンサートっていうものが、彼らの思いを形にしたものなんだって、
そのことを知ったときにすごくすごく衝撃的だったし、ものすごく感動しました。
彼らのことを知れば知るほど、なんて嘘のない人たちなんだと思い知らされました。
彼らの言葉、考え方、生き方、それらの一つ一つに感動して、
彼らのファンへの感謝の思いに涙して、
彼らをずっとずっと見ていたい、
彼らから発信されるものを全部受け止めてみたい、
そうすれば、もっともっと、ステキな世界が見えてくる気がする、
そんなふうに、思うのです。

自分が受けた感動を、やっぱり他の人にも知ってもらいたくて、
そんな話をしてみることもあるんですが、
う~ん、なんだか難しいんだなぁ、って思ってしまう最近です。
さきほど書いたように、「ジャニーズなんて」っていう言葉が返ってきてしまう。
そんな直接的な言葉ではないにしても、
「そんなのテレビの中だけじゃないの?」「本当の人間性なんてわかんないよ」
っていう気持ちでいるのがわかってしまう。

そんなことないよって言おうとしても、
「ファンは盲目だから」っていう言葉が返ってきそうで、なんとなくためらってしまう。



そう言ってしまう気持ちはわからなくもない。

でも、今、私には、
彼らの言葉を疑う気持ちなんて、これっぽっちもなくて、
むしろ、彼らのことを信じている気持ちはまったく揺るぎのないもので。

ファンでもなんでもなかった頃の私には、たくさんのフィルターがあったから、
同じような心無い言葉を言ってしまっていただろうって思います。

でも、なんというか、ファンという、内側に入ってしまったら、
彼らのことを、そこにあるものを、疑う余地なんてまったくないんだってことが解ってしまった。
むしろ、疑うことが恥ずかしいことだと、そう思ってしまう。

世の中は、人を信じることで、きっと良くなるんだと、そう思わせてくれたんです。

そんな、彼らの魅力を伝えたいのに、
伝えきれないでいるのは、
私自身のレベルがまだまだ足りていないからなんだろうなぁ。

「まるこが良いって言うなら、きっと良いに違いない。」
っていう説得力が、私自身にまだないから。
うん、だから、
私はもっともっと、レベルを上げて行かなきゃいけないんだろうなぁ。


と、ちょっとへこんでいた私を元気にしてくれたのが、タイトルの言葉でした。
これを言ってくれたのは、なんと、私の彼氏で、もう、びっくりしてしまいました。

自分から何かを発信する人をアーティストだとすると、
私にとっては彼らはアーティストなんですが、
その、「ジャニーズなんて」って思ってしまう友人には、
彼らはまったくアーティストではなくて、
むしろ誰かが作ったものを演じ続けている人たちのように思うと、
そんなことを言われたんだよって、話していたときに、

「この人たちは生き方がアーティストなのにね」
と、言われたんです。

彼がそんなことを言うとはまったく思っていなくて、
だってむしろ最初は「ジャニーズなんて」って言う側の人だったのに、
えーーーーーー!!!って、私はもう、ものすっごく驚きました。
「勝訴」っていう紙をもって、そこら中を走り回りたいくらいの興奮でした。
彼らの良さを、懇々と話し続けてよかった!!
やっぱり、思いは人に伝わるんだ!!
って、ものすごく嬉しい瞬間でした。

そうだ、そうだ、
やっぱり「信じることがすべて」なんだ!
人に思いは届くんだ!!


正直、まだモヤモヤした気持ちは残っていますが、
それでも人を信じることをやめちゃいけないんだって、そんな風に思います。
まずは自分のレベル上げだ!!
具体的にどうしたらいいのかはわかりませんが、
また明日から、1日1日を一生懸命生きてみようと思います。

では、おやすみなさい・・・・。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

Troublemaker、昨日ゲットしました!

わーーーーい


すごかったです!
もう閉店前だっていうのに、レジに並ぶお姉さんたち。
もしやと思って手元を盗み見ると、みーんな、嵐の予約票を持ってました!
うーーわーー!
そして、案の定、棚にはすでに初回盤売り切れの貼り紙が………。
一応……、発売日前………ですよね?


もう~~、恐ろしいほどの人気!!
喜ばしいことなんですけどね。


家に着いた時間がけっこうおそくて、うたばんもPVも1回ずつしか見れなかったんですが、
あぁぁ、もう、
なんってハッピーな5人!
残業ばっかりでさんざんな日々でも、あんなにハッピーな5人がいるなら、そりゃあ最高級のスマイルになっちゃいますよっ!

たまらない!
たまらないです!

あぁ、早く帰って何度も見たい!
スローにしてじっくり見たい!

今日はきっと仕事が手につかないわ!




そうそう、
前のライブDVDのエントリーにご指摘いただきました。
大野くんが泣いた回は28日でしたね。
tamayoさん、教えていただいてありがとうございます。
テンション上がりきって勘違いしちゃいました(笑)。
なんにしても、楽しみです。

たくさんの楽しいことを目一杯楽しむために、
今日1日を一生懸命頑張ろうと思います。
来た!

来た!

来たぁぁ!


5×10ツアーDVD発売!!


あぁぁぁ、どうしましょうか。
嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて、
姉からメールで教えてもらったときに
ちょっと泣いちゃいそうでした。
もう、残業なんてしてる場合じゃないですよ!




収録されるのは29日の国立。

どうしましょう………。
大野くんが涙した日じゃないですか…………!!!

どうしよう。
私、絶対泣いちゃいます。
絶対、………泣いちゃいますよ!

いろんな方のブログで読みながら、感動で心臓が壊れそうになったのに、それを映像で見ることが出来るなんて……………、

死んじゃう!
死んじゃいます!




今回は初回特典もないようなので、ちょっと安心しました。
でも、いつぞやのように発売日に手に入らないなんてことになりかねないので、しっかり予約はしようと思います。



はぁぁ、また、楽しいことが増えました。

嵐のみなさん、
事務所のみなさん、
いつも本当にありがとうございます。
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。