それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わってしまいました。
なんとも悲しい。

宿題くんが終わってしまってから、
あのゆるゆるさ、萌え度の高さに匹敵する番組だと思っていたので、
なんとも悲しいのです。
といっても、ゲストが出演するようになる前のことですが。


どう、とらえたら、いいんだろうな、と。

正直、とても惜しいという気持ちがあります。
ゲスト無しであのまま番組が続いていたら、エイターにはたまらない萌え番組になっていたことでしょう。
でも、ファン目線じゃなくても、
美味しい物に全力で美味しいと叫び、
地元のお父さんお母さんにまるで子どもか孫のように甘え、ときにとんでもない優しさをみせ、
波や泥にまみれながら一生懸命漁に出て、
大はしゃぎしながら野菜を収穫して、
そんな、どこまでも少年のようでとんでもなく素直な7人の姿は、
日曜の朝にはぴったりだったと思うのです。
休日になんにも考えずに「あはは」と笑わせてくれる、素敵な番組でした。

お茶の間に、彼らの飾らないすっぴんの姿がとてもいい形で届けられていたと、そう思います。
だから、彼らを知らない人にも楽しい番組だったろうと。

今後、エイトがどんどん上に上がって行く時に、
彼らをあんまり知らない人が、
「あぁ、あの子たちね」って冒険してる彼らを思いだす、
そんな存在になればいいなって、思っていたのです。


だから、いろいろ、惜しいなって、正直思うのです。



ロケ番組が続けられないくらいに、彼らが忙しくなってきたんだと、
これこそ人気が出てきている証だと、そう、前向きに、捉えていくべきなんだろうな。


こんなに素敵な番組が終ってしまったのだから、
あとは仕分けがいい方向に行ってくれるのを祈るのみ。
そしてジャニ勉が終わらないのを祈るのみ。

いやいや、嵐とエイトで番組をもってくれるのもあわせて祈らなきゃ!



振り返れば、本当に私の日曜の朝は、彼らのおかげですごく幸せでした。
日曜にちゃんと起きる習慣もついたし。
うん、幸せだった。
だから、悲しい気持ちはあるけれど、
それでもやっぱり、ありがとう、です。

エイトはもちろん、スタッフさんも、
幸せな日曜日を2年間もくれて、
ありがとうざいました。

ぜひスペシャルで帰ってくるのを待っています!

慎吾ママが復活したみたいに、何年後かにまた復活するのも心待ちにしています!

スポンサーサイト

テーマ:関ジャニ∞ - ジャンル:アイドル・芸能

まるで矛盾したタイトルです。

大震災から1年。

昨日はたくさんの祈りが日本中を包んでいて、
そんな中で、翔ちゃんがキャスターとしてTVの中に入るというのは、
まるで希望の光のようでした。

1年前も、たしか同じようなことを思ったのです。
どんどん溢れてくる整理しきれない情報や、
自然の大きな大きな力にただ無力になるしかないような映像、
そんなものに晒されて、頭も心も疲弊しきっていた時に、
テレビの中にいてくれた翔ちゃんに、すごく救われたのでした。

決して笑っていたわけじゃないし、
きっと翔ちゃん自身もたくさんのものを抱えていたんだろうと思います。
それでも私には救いだったし、
アイドルって、こういう存在なんだって強く思ったものでした。
続きを読む
ちがうちがう、まだ来てない。

いや本当に、何度驚かされるんでしょうね、8周年。

全員出演のドラマにとどまらず、
全員出演の、しかも全員主演の、そしてなんといってもあのエイトレンジャーの、


映画が決まるなんてーーーーーーーーーーー!!!!!!!



朝から鼻血がとまらないじゃないの!!

しかも、キャラクター設定がっ!!!!

Walkerplusによると、
黒:ギャンブル中毒 (マックに通じるもの感じる~)
赤:アルコール依存症 (イメージ湧く湧く~)
紫:心優しいチェリボーイ!チェリボーイ!!チェリボーイ!!!※大事なことなので3回言いました。
橙:プライド高くて引きこもりでショッピングサイト依存症 (なんか・・・納得)
青:青いものに目がない心優しい男 (これが実は一番よくわからない)
黄:目立ちたがり (えっ、それだけ?!)
緑:ノーとは言えない日本人
って、もー、どこがヒーローなんだかよくわからない、
まったくもってダメな集団(笑)。

ナスのインパクトに他のキャラクターの設定が頭から吹っ飛んで行きましたが、
よくよくみれば青の扱いもなんというかもう、青いものに目がないってどういう設定なんだかよくわかなんないし。

こんな見るからにグダグダな人たちが地球を救うって、
それはそれは馬鹿馬鹿しい展開になるんでしょうね。
全編コメディというわけではなさそうなので、実際どういうストーリーになるのかは本当良くわかなんないんですが、
堤監督のピカンチを思えば、私好みになるんじゃないかという勝手な期待をしています。



エイトレンジャーがこんなに大きくなるなんて、
メンバー自身も、初期から応援していたエイターさんもきっと始めは予想していなかったんでしょうね。
でも24時間テレビで紹介されたあの男の子のように、エイトレンジャーから幸せや笑顔をもらった人は大勢いるはずで、この8周年という時期にエイトレンジャーがこういう形でたくさんの人の前に現れることができたのは、なんだか必然のような気がしてきます。


全力でバカバカしいことを一生懸命やる、そんな大人はカッコいい。
そんな大人がいる世界って、きっと素敵。
そんなエイトが見せてくれる世界って、どこまでも底抜けにポジティブで、
笑顔で元気で太陽のように明るいんだ。
こんなに人々をピッカピカに照らす人たちを、きっとヒーローっていうんだと思う。


そんなヒーローが、きっと世界を救うんだって、本気で思う。


バカバカしくって、くだらなくって、
底抜けに楽しくて、お腹の一番下のところから笑えて、
あったかくて可愛くて、ちょっとかっこよくて、
そんな映画になればいいなぁ。


テーマ:関ジャニ∞ - ジャンル:アイドル・芸能

つねづね、丸山さんにお芝居のお仕事が来ますようにと祈っていたわけなのですが、
本当に最近は滝のようにお芝居のお仕事がやってきて、
私の鼻血も滝のようでございます。

ギルバート・グレイプでの憂いと爆弾のような衝動を抱えて生きる青年は、
それはそれは美しくてセクシーで、激しいのに壊れてしまいそうで、
とてもいとおしかったのです。
その感動は今でもありありと思い出せます。

この人は役者をやるべき人なんだと、強く強く思ったものです。

そしたら、もう、最近はどうしたことですか。
ワイルドセブンやらストロベリーナイトやら、
極めつけは主演ドラマときたもんだ!

残念ながらワイルドセブンは映画館で見れなかったので、
ぜひDVDを購入したいと思っているのですが、
CMで見る限り、これまたかっこいい山隆平さん。
ストロベリーナイトでは愛すべき下っ端山隆平さん。
オーパーツではTHE主役山隆平さん。
こんなにさまざまな丸山さんを見れるなんて幸せです。
鼻血です。

でもバラエティーでは相変わらず山隆平さん。

そこがまたいとおしいのです。

この調子で、これからもどんどんお芝居のお仕事が来ますように。
お茶の間で丸ちゃんの存在が知られていくことは、
エイターとしてとてもとても喜ばしいことですもん。
役柄と本人のキャラクターのギャップにクラクラする女子が多発すればいいと思う。
えぇ、本当に。


そして、BOBですよ。


私が申し込んだのはすべて外れてしまったんですが、
姉が申し込んだ分が1公演当たりました!!!
丸ちゃんと同じ空間に入れること、この上ない幸せです。
そして、同じ空間で丸ちゃんの演技を堪能することができるなんて、
あーもー、鼻血。


その頃には結構な大きさのお腹になっているはずなので、
気をつけないとなぁ。
でも安定期に入っているので、きっと今よりは気持ち的に楽だろうな。


そうそう、来期からはドラマがてんこ盛りですね。
なんてったって、「パパはアイドル」!!!
本人役とか!!!!
エイトメンバーも本人役とか!!

考えてみるとすごいことですね。
だって、ドラマとはいえ、本人の名前で結婚している設定なんて。

私としては、ジャニーズの人が熱愛や結婚することに関しては
基本的には歓迎なんです。
やっぱりそれでこそ愛を伝えられる存在でしょう、って思うから。

誰かとしっかり恋愛して、いつかは結婚して、
子どもを作って、幸せな過程を作って、
そうして、人を愛することがすばらしいんだって身をもって示してほしいと思う。
それでこそ、アイドルが世界を救うんだと、私は勝手に思っているのです。

だから、今回のドラマの設定は歓迎なのです。

でも、そういうふうに思う人ばかりではないはずですもんね。
アイドルと結婚結びつけるのは、結構ハードルの高いことだと思うのです。
役名でなくて、本人役とするのであれば、なおさらのこと。
たくさんの人に愛される人であればあるほど、それはデリケートになっていくはず。

それを、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのエイトに、このお話が来るということは、
チャレンジだと思うのです。
がっかりした人もいるだろうと、思うのです。
それでもこの企画にGOを出した、スタッフさんや事務所関係者の皆さん、
「攻めて来るなー」、と。

この攻めの姿勢がエイトらしさだなぁ、なんて思ったりします。

私としては萌え萌え、むふむふしっぱなしのドラマになるでしょう。

あぁ、楽しみ。



オーパーツの感想やら丸ちゃんのことやら書くつもりだったのに、
なんだか話がずれてしまいました。
まぁ、いっか。

春はもうすぐ。
HDDの残量をあけて、楽しみにまっていよう。

テーマ:関ジャニ∞ - ジャンル:アイドル・芸能

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。