それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、びっくりした!
びっくりした!
かっこよかった!
とんでもなかった!

すごいだろうなぁと予想はしてたけど、そんなぼんやりした予想は、見事に蹴散らかされて、ぶっ飛ばされて、爆発して粉々になってしまった。

すばる君のプライド、
歌を歌う、1人の歌うたいとしてのプライドを感じた。

なんせびっくりしたのは「Love is over」。

野太い、という言葉は、すばる君の歌には似合わないと思っていたんです。
力強く、荒々しく、ときに優しく、魂がそのまま声になったような、そんな歌声だとは思っていました。
でも、野太さとは、少し距離があると思って。

ところが、
ところがところが!

とんでもなく、強くて、深くて、野太かった。

初めて聴いた時に、なんというか、
うろたえてしまった。
うろたえた、という表現が、きっと正しい。

あぁ、私はぜんぜんこの人の歌を知らなかったのだと恥ずかしくなった。

ものすごく変な表現なんだけれど、
広い背中と分厚い胸板の背の高い50代くらいの貫禄ある男性がそっと抱きしめてくれたかのような、そんな歌声だった。

あー、ちょっと違うかなぁ。
すばる君がとんでもなく大きな男性に見えたんだなぁ。
はー、とんでもなかったなぁ。


スローバラードは、
いわゆるすばる君節が唸りを上げていましたね。
歌声の中に、なんとも言えない神々しさが宿っていて、
あの空間の、空気の振動、光の揺らぎすらその声で操っているんじゃないかとまで思ってしまう。

そして、青春ノスタルジー。
エイトのメンバー以外の人の歌と、こんなにも自然に溶け合うなんて意外だったのです。
すばる君の声は良くも悪くも非常に個性的だから。

それが、溶け合った上に、相乗効果で上に向かうスパイラルがぐるぐるしてしまうなんて、やっぱり私はこの人の凄さをぜんぜんわかっていなかったんだなぁ。
とてつもなく気持ちのいいスパイラルがまるでハリケーンのように周りをまきこんでみんなをハッピーにして行ってしまう。
あー、なんだろう。
こんなにも気持ちのいい歌だったんだなぁ。


いやー、
すばる君という歌うたいが、
縦にも横にも奥にも、ずっとずっと広いのだということを知りました。
まだまだすごい歌を聴くことができるなんて、
こんなに幸せなことはないなぁ。

次のライブが俄然楽しみになってしまったのでした。

(とはいえ、わたしはDVDまで待たなきゃいけないんだけど)
スポンサーサイト
さすが中村監督、といったPVでした!
パッチやコンサート映像のパロディーがあれだけ盛りだくさんなのは中村監督だからこそですね。
こういうものも、エイトが築き上げた財産と言えるんじゃないかなー。

ちびっ子ダンサーの使いどころも絶妙。
ニヤッとなって、ワハハとなって、キュンとくるとこで、また効果的に出てくるんだなー。
監督ったら演出上手だなー。

エイトさん達は相変わらず元気いっぱいで、見ていてほんとに元気になります。
あの、てんやわんや感がエイトの元気さとあいまって、見ているこっちを問答無用で笑顔にしてしまう。
ド派手な花火のようだなー。
ギラッギラでピカッピカのでっかい花火。
思わず「たーまやー」って叫びたくなるような。
あー、元気爆発。

ライブモンスターでどうやるんだろうって思ってたら、かなりPVに忠実にやってましたね。
もう大忙し(笑)。
丸ちゃんの新ギャグが見れなかったのが残念ですが、そこはライブでのお楽しみってことかなー。

ライブにはいかないので、
DVDの発売がすでに楽しみですー。
NHKのJのインタビュー。
松潤らしい、真摯なインタビューでした。
こういう、じっくりと話を聞いてくれる感じ、好きです。
NHKの真面目な感じは松潤にしっくりくるように思います。

今日の話で印象的だった言葉。
年を取ると飛び方を忘れてしまうから、
今一度、アクセルを強く入れたい、というようなくだり。

私も今年30歳。
飛び方を忘れて行く感覚が、ある。
このままじゃ、飛ぶ必要のない人生になってしまいそうな、そんな予感がする。
でもそれじゃ嫌だって、叫んでる自分がいる。それは確か。

そうだな。
30代って、あえてもう一度飛ぶ時なんだろうな。
無茶しても、失敗しても、まだまだ取り返せる。
いや、きっと人生いつでも取り返せるはずなんだけど、本当に取り返せるかどうかは30代にどれだけ飛べるかにかかってるような気がする。

彼らはいつでも前進してる。
キラキラで眩しい彼らの背中と、
横に並んでるなって思えるような生き方をするんだ。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

嵐はキラキラ。
嵐はピカピカ。

美しくて眩しい。
光り輝いて、なんだか真っ直ぐ見れない。

希望の光だと思っていたけど、
今の私には眩しすぎて、真っ直ぐ見れない。

焦ってしまう。

もっともっと、
できることが、やりたいことが、
自分にはあるはずで、
まだまだ努力することができるはずで、
でもなんだかうまくいかなくて、
自分ではどうしようもできないことも、
たくさんあって。

焦ってしまうから、まだポップコーンは再生出来ないんだなぁ。

少クラで久々に見た嵐のコンサートは、
やっぱりキラキラのピカピカだった。

うーん、やっぱりまだDVDは再生できないなぁ。

がんばろ。

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。