それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅田で買ったのに、帰って見たら中部版でした。
アラ・・・?ナゼ・・・?
でも、ニノの記事は全国一緒のはず!!
気にしない、気にしない!

「見知らぬ乗客」を前にしての8Pの大特集!
写真もとっても素敵だし、テキストもたっぷりなので、買ってしまいました。
チケットは、結局一般でもダメだったので、なんとも悲しい気持ちではあるのですが、でもいっぱいしゃべるニノを見逃すわけにはいきません!

写真はとってもいいですね。
少年のようなくるくるとした笑顔。猫のような瞳と柔らかい髪。
かと思えば、憂いを含んだ少年の表情。
かと思えば、知的で大人な目線。
かと思えば、また少年のようにフフッって笑ってみせる。
そんなニノの表情一つ一つが美しくって、可愛らしくって、とっても素敵です。
ニノって白が似合います。
一番すきなのは、24Pの一番大きい写真です。
この目と口の感じ、「あぁ、ニノだなぁ」って感じです(どんなカンジです??)。

テキストは・・・、どうしましょう、とっても不思議な印象です。
印象悪く聞こえてしまうのが怖いのですが、きっとこのインタビュアーさんはものすごく力を入れて、ものすごくニノの言葉の裏を読み取って、なんとかニノという人の奥のほうにあるものを見極めようとしたんじゃなかろうか、と思うのです。それはとてもとても、肩に力が入っていたように感じました。
何といいますか、このインタビュアーさんはニノに勝負を挑みにいったといいますか、ニノという人が一筋縄ではいかないという印象でお話を始めたのかなぁと思うのです。で、理論や理屈でニノを読み解こうとした結果、ニノという人をうまく捉えられないで終わってしまった・・・、と、いう印象を受けました。
それは、私がニノの言葉から受け取った印象と、ニノの言葉の後に続くインタビュアーさんの感想に大きな違和感があったから。
言葉のとおりに受け取れば、ニノが言っていることはとってもシンプルで、それ以上もそれ以下もない、ただその言葉通りの思いだと思うのです。それを「何とかして読み取ってやるぞ!!」という無理な力の入り方が邪魔をしてしまったんではないかと・・・。

でも、逆に、ニノっていう人は世間一般ではそんな風に受け取られやすい人なのかなぁ、とも思いました。誤解されやすい人、なんでしょうね。一見、難解そうに見えやすい。天才肌に見えますから。だから、特別な思考回路で物事を考えていそうに見えやすい。本当はとってもシンプルで、素直で、嘘がないだけなんですけどね。
そんなふうに、舞台の話とは別にいろいろ感じさせられた今回のテキストは、いろんな意味で非常に面白かったです。

で、テキストの私の感想は↓。
随所にニノらしい愛が見えました。そして、愛ゆえの自分の仕事に対する覚悟も。
愛というのは、もちろん、観に来てくれるお客さんへの愛。
初日にピークを持っていって、千秋楽までずっとそれを保っていきたい、というくだりはとても素敵でした。「今日自分にできることはすでに全部出し切っている」というところは、誠意を感じます。だからこそ、初日が始まってからダメだしをされたとしても簡単には「はい、じゃぁ明日そうします」とは言えない、というところも、自分の力量に対しての誠実さだと感じました。
舞台は、生きるか死ぬか、の場所ですから。
だから、ニノの覚悟と誠実さは、舞台に上がるものとしての当然の心意気、なのでしょう。
ただ、当然とはいっても、やっぱりそれを当然にできるニノはすばらしい。
彼を一人の表現者として観て、その心意気が垣間見えたときに、心の中にぶわぁっとあたたかいものが広がります。それは彼の愛なのではないかと思うのです。
観る側に対して、どこまでも誠実。だから、彼の表現は、人を感動させる力がある。

そんな風に思った今回のぴあでした。

チケット取れなかったのは非常に悲しいですが、ニノが私たちに向けて発信するものに強弱はないわけですから、ニノから受け取るものを大事に大事にしていけばいいのかな、と思います。
スポンサーサイト

テーマ:二宮和也 - ジャンル:アイドル・芸能

<< ABCでレコメン!! // ホーム // 6/22 宿題くん お芝居うまいよ!スタイルもいいよ! >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maruarashick.blog49.fc2.com/tb.php/187-fcb7cc66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。