それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はひどい疲労で泣きそうだったんですが、
帰りの電車の中、
「あ、今日は帰ったら嵐くんがたくさん待ってるんだった!」
と思ったら、何やら妙にウキウキしてきてしまいました。

おかしいくらいにテンション上がって来ちゃったので、
ちょっと前に読んだ大奥原作の感想でも書こうかと。


ネタバレなので、お嫌な方はスルーしてくださいませ!


もともと、よしながふみさんは好きだったんです。
人間模様が、すごくリアルで。繊細、かと思えばすごく大胆。
あぁ、こういう気持ち、すごくわかるなぁ、って思わされる。
人って、ステキだなぁって思わされる。
そんなところがすごく好きで。

ただ、「大奥」はなかなか手が出せなかったんです。もともと、愛憎渦巻く……ってのが苦手でして。それに、男の人たちの濃厚な世界が繰り広げられてたらどうしよう………、と思うと手に取れなくて。

だけど、そんなのはひどくくだらない先入観でした。
この作品がたくさんの賞を取っている理由がよくわかりました。

よしながふみさんの作品には、精巧で緻密なリアリティと、予想もつかないファンタジーが、驚くほど自然に同居しています。

物語の核となるのは、一見「ありえない!」って思うファンタジー。だけどその周りにあるものが、あまりに緻密なリアリティを持っているから、そのファンタジーすら、違和感なく受け入れてしまう。
まるで魔法みたいに。

「大奥」も、しかり。
女将軍も、男の人に対する社会の扱いも、「ありえない」ファンタジーなのに、いつのまにか違和感を持っていない私がいました。
日本が鎖国をしたのは、本当は男が少なくなったからなんじゃないかと思わされてしまうほどに。

「将軍は女。仕えるのは3000人の男」なんて聞くと、どんなセンセーショナルな作品なんだと思ってしまうけど、これはれっきとした「歴史絵巻」でした。

それが、愛であれ、憎しみであれ、
人が人を思う心が、歴史を作るのだと、まざまざと描かれた、「歴史絵巻」。

吉宗と水野の出会いと別れは、そんな壮大な歴史の中のほんの一部で、6巻まで読むと、この大奥の世界観を、吉宗・水野編だけで描ききれるんだろうかと心配になってしまいます。

鶴岡がでるのも原作ではほんの一瞬だし……。美しいたっちょん、一瞬なのかなぁ。


水野の印象は、体が大きくて逞しい男性、でした。なので、読んでいてあまりニノちゃんをイメージ出来なかったんです。やっぱりニノちゃんって華奢な少年っていう印象なので。

けれど、そこは役者・二宮和也。
きっと見たこともない逞しい表情を見せてくれるに違いないと、逆に期待が高まりました。
むしろ、そんな期待なんて軽~く飛び越える、予想だにしない水野がいるかもしれない。

なんせ、天才ニノちゃんですから!


あと2週間ですね。
あぁぁぁ、楽しみ!!
スポンサーサイト
<< 09/16のツイートまとめ // ホーム // 09/15のツイートまとめ >>
お久しぶりです!大奥、読んでみたいです!未だに、イトコに借りたヤマナデは読めてませんが(-_-;)
今年の1月1日に私がお会いした方のブログです。良かったら読んで下さい。
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=milky-mikasa&articleId=10638473535&frm_src=article_articleList
[2010/09/19 Sun] URL // あらかん #- [ 編集 ]
あらかんさんへ
あらかんさん、コメントありがとうございます。
大奥おすすめです!ぜひぜひ読んでみてください!映画の前と後、どっちに読むか悩ましいところですけどね
紹介していただいたブログさんにも、お邪魔してみます~。
[2010/09/19 Sun] URL // まんまる、まるこ。 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maruarashick.blog49.fc2.com/tb.php/409-6c7cf1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。