それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わってしまいました。
流星の絆。

そうだなぁ、うん、
ハッピーエンドでよかったな。
こういち君が死ぬんじゃないかって、ハラハラしてました。
だから、ちゃんと3人で洋食屋ができて、よかったなぁって。

最後の2枚の写真、ジワ~ってこみ上げるものがあって、
カシさんじゃないけど、「よくがんばったなぁ」って思いました。
キレイなことばかりじゃなかったし、汚いことにも手を出したし、
ひどい裏切りだってあったし、
でも最後に手に入れたのが、確かな幸せでよかったなぁって、思いました。


そして、役者としてのニノ。
嵐のファンになるまで、あんまり真面目にニノの演技を見たことって実はないかもしれない。
「拝啓、父上様」は少し見ていたけど、今思えばニノのことちゃんとみてなかったかもなぁ。

なんというか、たくさんの人がニノの演技を絶賛する理由がわかったように思います。
どんな顔にもなれる、幅の広さというのかなぁ。
でもあくまで自然なんですねぇ。こんな人本当にいるかもって思えるような自然体。

そして、ニノの目は惹きつけられる。
屋上でのカシさんとの場面、
目がちゃんと語っていて、目を見ていたらこういち君が今どんなことを思っているかがちゃんと伝わってきた。
すごいなぁ、すごいなぁ、すごいなぁニノ。


はぁ、良いドラマだったなぁ、うん。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

<< 本音は言わない // ホーム // 12/18 ひみつのアラシちゃん バナナの早食いには気をつけて!! >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maruarashick.blog49.fc2.com/tb.php/44-ea8d515d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。