それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けない夜はない。


明けない夜はないんだ。



テレビ見てたらこの世の終わりなんじゃないかって気持ちになって、怖くてたまらなかった。

心配な事が多すぎる。
怖い事が多すぎる。




大切な人が二人も仙台にいる。
無事は確認できたけど、
彼女たちが寒い夜を過ごしたんじゃないかって、
お腹空かせてるんじゃないかって、
そう思うと気が気じゃない。



ただ、私のTwitterには
誰かが誰かを思う気持ちが溢れてて、

かんばろうって、

大丈夫だよって、

あたたかい想いが溢れてた。



日本人は、やっぱりもともと人を思いやる事が出来る人々なんだって、そんなふうに思った。


ヤシマ作戦だって、
殺到した献血だって、
その思いは純粋だったって信じたい。




明けない夜はない。

明けない夜はないんだ。






どうか、被災地の方が一刻も早く「いつもの毎日」に戻れますように。

これ以上、悪いことが起こりませんように。

亡くなった方々に、心からご冥福をお祈りします。





今日は、不謹慎かもしれないけど、
テレビは怖いから、
HDDの嵐やエイトを見て過ごそうと思います。

きっと明日になったら、私には「いつもの毎日」がやってくる。
いつもの電車に乗って、
いつも通り仕事に行く。

だから、いつもの私でいられるよう、今日は嵐とエイトの力を借りよう。





明けない夜はない。


明けない夜はないんだ。



スポンサーサイト
<< 僕が笑えば、君が笑う // ホーム // 次回のDEROは・・・ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maruarashick.blog49.fc2.com/tb.php/492-0967a6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。