それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔の作品は知らないので、全くのまっさらな状態で今日の放送を観ました。

アラシックとしては見所満載で、
「いいよ、翔ちゃん!もっとやっちゃって!」
と思わず小踊りしてしまいそうでした。
謎めいた狂気のようなものはクイズショーの時にも垣間見えたけど、MC神山は世間のイメージ通りの「櫻井翔」だったんですよね。
今回みたいに世間のイメージを怒濤の勢いでぶち壊してくれる役には、かなりテンション上がりました。
裸にゲップにビンタに拡声器。
真意が見えない、底が見えない、ぬるりとした気持ち悪さ。
明らかにヤバい人のオーラが垂れ流されている文句なしの不気味さ。
まともじゃない、絶対おかしい、だけど何故か目が離せない不可思議な引力。
今までの翔ちゃんの世間一般のイメージには無いものが次々と画面にあらわれて、
もー、私、かなり楽しみました。
楽しいというと少し違うかしら。
興味深かったという感じが近いかなぁ。

翔ちゃんって、心にマグマを抱えている人だと思うのです。
だから「THE優等生」というイメージで固まってしまうのはとてももったいないと思っていたのです。
このドラマでどこまで世間のイメージを壊していくのか、とっても楽しみなのです!

それにしても、ゲップしたって品の良さは消えないのだから、恐るべし櫻井翔の品格であります。



物語としては、素直に想像すると、
何らかの理由で命を落としてしまった教え子の弔いのために、崩壊している家族を再生させようとする物語、というところなのでしょうか。
吉本先生の奇行も愛ゆえ、ということなのかなぁ?
それとも、そんな想像は斜め上からスパッと斬っちゃうような驚くべき展開が待ってるのかしら!

何はともあれ、楽しみでございます!
スポンサーサイト
<< 音楽のちから! 日テレの英断に鼻血! // ホーム // 「ひみつの嵐ちゃん」最終回 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maruarashick.blog49.fc2.com/tb.php/556-b238d898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。