それはもう突然、まさに嵐のように。アイドルなんて全く興味なかったのに、いまや嵐と関ジャニ∞でキラキラな毎日。そんな日々を書き綴りました。
プロフィール

まんまる、まるこ。

Author:まんまる、まるこ。
関西在住。
嵐の末っ子チームと同い年。
インタビューも始めました。
http://theinterviews.jp/maruco655/interview

最新記事
Twitterでつぶやき中

@maruco655で日々つぶやいてマス。

Twitter < > Reload

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

ただいま閲覧中

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、安田章大くんのお誕生日。

ということで、とってもとってもおめでとうございます。

エイトに出会うきっかけになった人ですから、
やっぱりどこか特別なんですね。


世界中どこに行っても、どんな人に出会っても、
変わらず優しくて、柔らかで、あたたかくて、素直。
ときに雄々しく、たくましく、度胸があって、たのもしい。
ふわふわの砂糖菓子みたい、かと思いきや、
鋭く一本の筋が通った男気溢れる目も持っている。

安田君は不思議な人だ。
そして魅力的な人だ。

追いかけきれないほどの才能のカタマリで、
その才能を形にして見せてくれるたびにドキドキさせられる。
もっともっと、この人の頭の中、心の奥にあるものを見たい、見せてほしい、
そんな気持ちにさせられる。

安田君の人柄、そして才能、
そのどちらにも、私は骨抜きなのです。
これからもずっとずっと、
そんな安田君の活躍が見られますように。

安田君の28歳の一年間が、すばらしいものでありますように。




続きは、ワタクシごとです。


続きを読む

テーマ:安田章大 - ジャンル:アイドル・芸能

とうとう、エイト祭りのてんやわんやが始まったもよう。
なんだか、ぱっと見ただけではすぐに理解できなかったんですが、
ちょっとややこしい感じですね。

とは言え、私は完全にヒトゴトです。
えぇ、行かないと決めたのですから。

9月上旬が出産予定日。
となれば8月上旬なんてお腹はパンチクリンです。
もはや何が起こるかわからない状況。

もしも何かがあってエイトやエイターの皆さん、スタッフの皆さんに迷惑をかけてはいけないし、
何よりもベイビーに対して申し訳ない。
今も頑張ってお腹の中で大きくなろうとしてくれているのに、
そんなベイビーに母が不誠実であってはいけないのです。

「行かない」と決めてしまうと、
昨日日本中を巻き込んだ台風のように、
エイターの皆さんをてんてこ舞いにしているエイト祭りに、
大変おだやかに向き合えています。

エイトにとってもエイターにとっても、体力のいるイベントに間違い無い。
たくさんの幸せと笑顔とおめでとう・ありがとうが、会場をあたたかく包むような、
そんなイベントになってくれたらなぁ、と祈っております。
私の知り合いのエイターさんがみんな行けますように。



そういえば、たくさんのバースデーを完全無視してしまっていました。
ニノちゃんのおめでとうくらいは更新したかったけれど…。
BOBの感想もドラマの感想も書けずじまい。
ドラマは最終回をむかえてからのんびり書こうかしら。

テーマ:関ジャニ∞ - ジャンル:アイドル・芸能

めまぐるしい毎日に飲み込まれる今日この頃。
のんびり田舎暮らしのはずなのに、なぜだかブログに手が回らないのでございました。
そんなわけで、あっという間にゴールデンウィークも過ぎてしまい、
気づけば5月も半ばに差し掛かってしまいました。

お腹はまんまるになってきて、
服を着ていても随分妊婦さんらしくなってきました。
胎動も感じるようになってきて、ポコポコと可愛らしく動くベイビーちゃんに癒されています。
これがもう少ししたらドッカンドッカン蹴ってくるのかと思うと、
なんとも言えず人体の不思議。
このお腹の中にもう一人、人間がいるなんて。
女の人の体って、本当に不思議のカタマリなんだなぁ、なんて思ったりします。



そしてそして、今日は鍵の第5話。
大変大変、まだ3話も4話も感想書いてないのに!
っていうか、三毛猫はまだ1回も感想書いてないわ!
もー、全然追いつかないので、3話と4話まとめて書いちゃいます。



なんというかもうー、径くんと青砥さん、はやく付き合っちゃえばいいのに。


って、この一言で2話分の感想になってしまいそうです。

だって、
3話では、
青砥さんに彼女いるか聞かれて、あからさまに動揺するとことか、
青砥さんを元気づけようとして、結果ズレまくった気遣いしちゃうとことか、
あの陶器のお人形のようだった径くんが、まるで人間らしい表情を見せてくれて、
もーなんというんでしょう、萌死ですね、萌死です。
とんでもない破壊力。とんでもない萌具合。とんでもない可愛らしさ!
径くん、すごいよ径くん。いや大野さんか。
なんかもーどっちかよくわからなくなるくらいすごい萌えたのでしたよ、3話!!
そんでもって、径くんの不器用すぎる気遣いに気づいた青砥さんの笑顔!!
可愛いよ、可愛いよ戸田ちゃん!!こんなに可愛い女子とか惚れちゃう!
ちょっと痩せ過ぎなのが気になるけど、もうそんなことどうでも良くなるくらい可愛いよ!!
と、径くん萌に戸田ちゃん萌の相乗効果たるや半端無く、
萌え萌えのゴールデンスパイラルに私の幸せはMAXでございました。

そして4話。
またもや青砥さんを励ます径くん!
こんどはズレてない!ズレてないよ!
ちゃんと励ましてるよ!
しかも青砥さん笑ったよ!やったね径くん!
なんて、近所のおばちゃんみたいな心境で見ていたら、
最後に!!

径くん笑ったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!


あーーーー、何その麗しい笑顔!
鍵が開いた時に見せる、どことなく鉱石のような美しい笑顔とは違う、
ちゃんと血の通った柔らかな笑顔!!
あぁ、なんて、なんて、径くん+青砥さんの化学反応の素晴らしさ!
径くんがどんどん美しい人から可愛い人になっていくのです。
これはたまらない萌です。萌死です。
いわゆるキュン死にってやつです。

リピートしましたね。えぇ、何度もしました。


なんというか、こんな癒しのドラマだったなんて。
週1回の癒しが月曜日に落ちてたよー。
これでまた1週間生きていけるよー。


こんな楽しみ方が出来るなんて、当初は夢にも思わず。
あぁぁぁ、大野さんに溺れていく…。

さ、あと2時間弱。
楽しみに待ってよーっと。



(でも今日のお話は悲しいお話らしいのでちょっとドキドキしているのです…)
まるで矛盾したタイトルです。

大震災から1年。

昨日はたくさんの祈りが日本中を包んでいて、
そんな中で、翔ちゃんがキャスターとしてTVの中に入るというのは、
まるで希望の光のようでした。

1年前も、たしか同じようなことを思ったのです。
どんどん溢れてくる整理しきれない情報や、
自然の大きな大きな力にただ無力になるしかないような映像、
そんなものに晒されて、頭も心も疲弊しきっていた時に、
テレビの中にいてくれた翔ちゃんに、すごく救われたのでした。

決して笑っていたわけじゃないし、
きっと翔ちゃん自身もたくさんのものを抱えていたんだろうと思います。
それでも私には救いだったし、
アイドルって、こういう存在なんだって強く思ったものでした。
続きを読む
ちがうちがう、まだ来てない。

いや本当に、何度驚かされるんでしょうね、8周年。

全員出演のドラマにとどまらず、
全員出演の、しかも全員主演の、そしてなんといってもあのエイトレンジャーの、


映画が決まるなんてーーーーーーーーーーー!!!!!!!



朝から鼻血がとまらないじゃないの!!

しかも、キャラクター設定がっ!!!!

Walkerplusによると、
黒:ギャンブル中毒 (マックに通じるもの感じる~)
赤:アルコール依存症 (イメージ湧く湧く~)
紫:心優しいチェリボーイ!チェリボーイ!!チェリボーイ!!!※大事なことなので3回言いました。
橙:プライド高くて引きこもりでショッピングサイト依存症 (なんか・・・納得)
青:青いものに目がない心優しい男 (これが実は一番よくわからない)
黄:目立ちたがり (えっ、それだけ?!)
緑:ノーとは言えない日本人
って、もー、どこがヒーローなんだかよくわからない、
まったくもってダメな集団(笑)。

ナスのインパクトに他のキャラクターの設定が頭から吹っ飛んで行きましたが、
よくよくみれば青の扱いもなんというかもう、青いものに目がないってどういう設定なんだかよくわかなんないし。

こんな見るからにグダグダな人たちが地球を救うって、
それはそれは馬鹿馬鹿しい展開になるんでしょうね。
全編コメディというわけではなさそうなので、実際どういうストーリーになるのかは本当良くわかなんないんですが、
堤監督のピカンチを思えば、私好みになるんじゃないかという勝手な期待をしています。



エイトレンジャーがこんなに大きくなるなんて、
メンバー自身も、初期から応援していたエイターさんもきっと始めは予想していなかったんでしょうね。
でも24時間テレビで紹介されたあの男の子のように、エイトレンジャーから幸せや笑顔をもらった人は大勢いるはずで、この8周年という時期にエイトレンジャーがこういう形でたくさんの人の前に現れることができたのは、なんだか必然のような気がしてきます。


全力でバカバカしいことを一生懸命やる、そんな大人はカッコいい。
そんな大人がいる世界って、きっと素敵。
そんなエイトが見せてくれる世界って、どこまでも底抜けにポジティブで、
笑顔で元気で太陽のように明るいんだ。
こんなに人々をピッカピカに照らす人たちを、きっとヒーローっていうんだと思う。


そんなヒーローが、きっと世界を救うんだって、本気で思う。


バカバカしくって、くだらなくって、
底抜けに楽しくて、お腹の一番下のところから笑えて、
あったかくて可愛くて、ちょっとかっこよくて、
そんな映画になればいいなぁ。


テーマ:関ジャニ∞ - ジャンル:アイドル・芸能

<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。